アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング
カリフォルニア・ウエディング・ストーリー、Celebrations by Kiyoe 代表ローガン 清恵
ローガン 清恵さんのお客様のリアルレポート

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

ナパ、ワイナリーウエディング大自然の中でのアウトドアパーティ

スポンサーリンク

日本国内で出会い、お付き合いされていたジョシュさんと有香さん。
当初は、日本国内での挙式をお考えだったそうですが、ジョシュさんが急にカリフォルニアに転勤となり、ご実家があるサンフランシスコ郊外で結婚式を挙げることになりました。
しかし、有香さんはアメリカの結婚式についてあまりご存知なかったため、Celebrations by Kiyoeにコーディネートをお申し込み頂きました。

おふたりのご希望のイメージは、大自然の中でのアウトドアウエディング。
ご希望に見合う場所を幾つかご紹介し、実際におふたりが式場を回られて決めた場所は、現地カップルに人気の高い「ブラジリアン・ルーム」という サンフランシスコ郊外の森の中にあるところでした。

列席者の殆どがアメリカ人だったため、お食事のあとは、ダンスタイムを設け、楽しいアメリカンな結婚式を計画しました。
しかし、セレモニーの前のベールダウンをお母様にお願いしたり、お色直しやラストバイトをしたりと、日本的な演出も組み込み、アメリカ人の列席者にとっても新鮮に感じられた結婚式となったのではないかと思います。

パーティの途中、ジョシュさんと有香さんは、時々おふたりだけで外に出て、仲良くお話をされていました。そのような姿を脇から拝見し、おふたりの愛を強く感じ、私は心から感動させられました。

現在も遠距離生活を続けているおふたり。寂しい毎日が続いていることと思いますが、このおふたりなら、必ず幸せな結婚生活が続くと確信しています。一日も早く、一緒に生活できる日が来ることをお祈りしています。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

新郎と新婦が初めて顔を合わすシーンを撮影することを「ファースト・ルック」と呼びます。
有香さんとジョシュさんたちは、この「ファースト・ルック」撮影をホテルのロビーで行いました。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

有香さんが車好きのジョシュさんのために、内緒で準備したアンティーク・ロールスロイスと一緒に、お泊りになったホテルをバックにして写真撮影。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

式場となった「ブラジリアン・ルーム」

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

祭壇のアーチは、有香さんのこだわりのひとつ。
白樺で作ったナチュラルなタイプのアーチで、周りととても良くマッチしていました。
牧師先生は、日本語と英語のバイリンガルの方にお願いしました。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

テーマカラーの水色と白の砂を使ったサンドセレモニーを行いました。
箱には、お二人の苗字の頭文字「H」がステンシルされています。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

大自然の中で なごやかな挙式となりました。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

アメリカの結婚式では欠かせないブライズメイドとグルームスメンと一緒に写真撮影。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

席次表の代わりに、アメリカの結婚式で使われるのがエスコートカードと呼ばれる小さなカード。
有香さんのアイディアで、このエスコードカードはかすみ草を敷き詰めた箱に並べました。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

水色のテーブルラナーを長いテーブル中央に敷き、その上にはロマンチックな色のお花を集めたアレンジメントを置きました。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

メニューカードや席札は、ジョシュさんのお母様の手作り。
ナプキンの上に置かれている小さな箱は、アメリカではフェイバーと呼ばれているプチギフト。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

ジョシュさんのお母様からのスピーチ。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

お食事の後は、まずファーストダンス。これもアメリカの結婚式では定番です。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

暫くダンスを踊った後は、ケーキカットの時間。
真っ白いケーキの中身は、レッドベルベットと呼ばれるワインレッド色のスポンジ生地のケーキ。
レッドベルベットは、アメリカに昔からある人気の高いケーキの種類です。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

ケーキカット前にお色直しをされた有香さん。和装ドレスがとても良くお似合いでした。

アメリカと日本の魅力がいっぱいのウェディング

大人から子供まで皆一緒にダンスを踊り、楽しいひと時を過ごしていただきました。

フォト / Cindi de Channes Photography

スポンサーリンク

お二人から ローガン 清恵 さんへのメッセージ

こんにちは。先日は大変有難う御座いました。 私たちの理想を形にしていただき、本当に感謝しています。 当日は一瞬にして刻が流れましたが、ジョシュと私にとりましては、特別な特別な素敵な1日になりました。 清恵さんにご縁あってお逢いできましたこと、私どもの結婚式をご担当していただきましたこと、幸運に思います。 トラブルがなく式がスムーズに進んだこと、お願いした全てのベンダーさんが正解だったこと、それは清恵さんが打合せをして事細かに念入りに私のリクエストを伝えてくださったお陰です。的確なアドバイスをいただき、そしてすぐにメールの返信をくださって本当に感謝しています。 クラシックカーに関しましては、GPSが上手く働かなかったことで、実際よりも長くふたりだけの時間を楽しむことができました。天候にも恵まれて、それは貴重な体験でした。 清恵さんの責任感の強さ、仕事に対する志、そしてなによりも米国で活躍なさる日本人女性として尊敬しています。 私ごとですが、一年間ベトナムにあるホテルで働いたことがあり、私なりに異国で働くことの大変さを痛感致しました。そんな中で、日本人が求めるサービス、ニーズに応えることができる清恵さん、きっと努力は計り知れないと思います。 ジョシュの家族も私の家族も清恵さんがいなかったら、あの様な素敵な1日にならなかったと申しておりました。 ダンスはしないと申していた父でしたが、私と少しだけ踊ってくれました。 父と母が楽しそうにダンスをしてい姿を見ることができたのも、DJを頼んだ方が良いと清恵さんがアドバイスをしてくれたからです。 こんなに温かく素敵な結婚式にしていただいて幸せです。 ベンダーの皆さまにもよろしくお伝えください。 毎日やりとりをさせて頂いていたので、これで終わりかと思うと少し寂しいです。 Joshua Hanis & 有香

このお客様のコーディネーター ローガン 清恵 プロフィール

カリフォルニア・ウエディング・ストーリー、Celebrations by Kiyoe 代表ローガン 清恵
カリフォルニア・ウエディング・ストーリー、Celebrations by Kiyoe 代表

ローガン 清恵

大阪女学院高校卒業後、ジョージア州アトランタのEmory大学でビジネス経済学を専攻し卒業。 その後、Turner Broadbcasting Systems本社にてCNNインターナショナルやカートゥーンネットワークなどのマーケティングに携わる。 同社の東京支店にマーケティングマネージャーとして赴任し、イベントプラニングを含むマーケティング活動を継続。 その後、PR代理店Edelman に転職し、数多くの企業のイベントやパーティを手がける。 1999年にナパの「オーベルジュ・ドゥ・ソレイル」で自身が結婚式を挙げ、その魅力に圧倒される。 当時、まだ日本で知らていなかったナパやソノマの魅力を日本の新郎新婦にも是非知ってもらいたく、2003年4月に「カリフォルニア・ウエディング・ストーリー」を設立。 2009年6月には、現地在住のカップルを対象とした大きな結婚式を手がける「Celebration by Kiyoe」を立ち上げる。 現在では、結婚式だけでなく企業パーティなどコーディネートも行う。

ウェコ編集部へのお問い合わせ

このリアルレポートのお問合わせはウェコ編集部へのお問合わせになります。お問合わせはもちろん全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。