コロナ禍でふたりが決断したのは ヘリコプターでの結婚式

思い出の横浜の街を見ながら永遠の誓い

この記事の内容は佐藤 陽子さんが行った実例です。この記事と同じようなウエディング・イベントを開催したい場合は佐藤 陽子さんにお問い合わせしてみてください。

佐藤 陽子さんのプロフィールページへ

コロナ禍でふたりが決断したのは ヘリコプターでの結婚式

思い出の横浜の街を見ながら永遠の誓い

1都3県では緊急事態宣言中で自粛期間が続いていた時のこと。
仕事でご一緒している彼女より「実は、結婚することになりました」と嬉しい報告をいただきました。
コロナ禍でカップルより結婚式の延期・中止の相談を多くいただいていた中でしたので、すぐによぎったことは、“結婚式どうするのだろう・・” と。
彼女にはとてもお世話になっていたので、結婚式について何か困ったことがあったら何でも言ってねと、すぐにお伝えしました。「結婚式」というワードがやっぱり引っかかったようで、本当であれば嬉しいことなのに、ほんの少し困った表情に。
「やっぱり悩んでいる?」と聞いたら「実は、悩んでいます」と。
両家の顔合わせを同月に行い、ご両親からも結婚式どうするのと急かされて、でも「いつ」「どこで」「どういう」結婚式をしたら良いのか分からないと、心に秘めていた想いを話してくれ、それだったら、いつでも相談にのりますとお伝えしたところ、「ぜひ、よろしくお願いします」と、曇っていた表情が少し明るくなったように感じました。

ふたりだけの結婚式 ”ふたりしき” を選択

ふたりとの結婚式の相談日程はすぐに決まり、まずは、ふたりの「やりたいこと」、「やりたくないこと」など、ざっくばらんに話してもらいました。結婚が決まってから、ふたりの間で結婚式の話をすると険悪なムードになっていたと話してくれました。
彼女は、彼からは好きなようにやって良いとは言われたけど、耳を傾けてくれないので、結婚式の準備が面倒になっているとのこと。
一方、彼は目立つことがあまり好きではないので、できることなら人前で挨拶などはしたくなく、結婚式は大勢の前で何かをやらされるという印象があり、結婚式に消極的になっているとのこと。やりたいこともないから、ふたりだけだと全く話が進まなかったと話してくれました。

【ふたりのやりたいこと】

  • 両家の親御様が結婚式をきちんとしてほしいと思っているので、結婚式はしたい
  • ウエディングドレスに憧れがある
  • ハネムーンに行きたい

【やりたくないこと】

  • 大勢の前で挨拶するのはしたくない
  • 無駄にお金を使いたくない
  • コロナ禍なので、ゲストを招待することは避けたい

ふたりのやりたいこと、やりたくないことを聞いた上で提案したのが、「ふたりだけのヘリコプターでの結婚式」
今までにないスタイルでしたが、ヘリコプターの中で“ふたりしき”をして、しっかりとけじめをつけて新生活を送ってほしい願いを込めてです。参列された方に対して誓う、“人前式”ではなく、ふたりしきという「お互いに誓い合うスタイル」が、今のふたりにとって大切だと感じました。

※ふたりしき・・神前式、キリスト教式、人前式、仏前式につづき、第5の結婚式スタイルとして、オフィース・マリアージュが提案

ヘリコプターでの“ふたりしき”の良い点

  • コロナ禍でも安心して結婚式ができる
  • 人前で話すことが嫌いな彼でも、周りを気にせずに気持ちを伝えられる
  • 思い出の横浜を見ながら、ヘリコプターの中で”ふたりしき”を行いしっかりとけじめをつけることができる
  • ドレスを着てフォトウエディングもできる
  • ハネムーンにはまだいけないが、ヘリコプターに乗るというはじめての経験をふたりでできる

乗り気ではなかった彼でしたが、ヘリコプターに乗れるということにテンションがアップ!式をすることでお互いにけじめをつけられて、尚且つ、ウエディングドレスで写真もとれる。希望が叶い、すぐに結婚準備がスタートしていきました。

衣裳選びにも同行して、ヘリコプターでの結婚式に合うドレスのアドバイス。
選んだウエディングドレスは新郎には当日までサプライズにすることに。

あまり乗り気ではなかった彼ですが、タキシードの試着で好きな色のカーキを着たら、テンションアップ。男性も好きな衣裳を着ることって大切です。
結婚準備が始まってからは、ご自宅でのふたりの会話は結婚式の話を多くするようになったそうです。

結婚式当日のブライズルームは、キャンピングカー。アウトドア好きのふたりに、お仕度の時もゆっくりと過ごしてほしい気持ちを込めて用意。ヘリポートの近くに停めて、贅沢なお仕度部屋が完成です。こんな経験はじめてと、新婦もにこやかにお仕度開始。

キャンピングカーの中でヘアメイク。お気に入りのタッセルのイヤリングをつけて。新婦のウエディングドレスは、新郎には内緒です。
彼は喜んでくれるかなと、お仕度中も笑みがこぼれる新婦。

新郎とはヘリコプターの中での“ふたりしき”のリハーサル。ヘリコプターの中は、ふたりの他パイロットとカメラマンのみ。ふたりしきの進行は、新郎自ら行います。ヘリコプターに持って行くのは、“アニュアルレター”と結婚指輪。

※アニュアルレターとは50年間の夫婦の想い出記録本。ふたりの結婚記念日ごとに、その年の「誓い」「お互いへの想い」など書き綴ります。

緊張もMAXの新郎です。ふたりの支度もでき、ファースト・ミート。新郎から新婦にブーケを贈りました。
新婦のウエディングドレス姿を見た新郎は、とっても嬉しそうな表情をしていました。

いよいよヘリコプターにご案内。緊張も和らいで、ふたりとも笑顔に。

ヘリコプターに乗り込んだら、一気に上空へ。
飛行機よりも低空飛行なので、見下ろすと街並みがよく見えます。ふたりの思い出の横浜が近づいたところで、パイロットより「おふたりの記念の場所に到着しました。おふたりのお式をはじめてください。」と合図が入りました。

アニュアルレターをとり、はじめに、新郎から新婦への誓いの言葉。続いて、新婦から新郎へ。 ヘッドフォンを通して聞こえてくるお互いの声。ふたりだけなので格好つける言葉でなく、素直な言葉で伝えていただきました。

お互いの気持ちを伝えあった後は、指輪の交換です。
誓いの言葉をしっかりと指輪に込めて贈っていただきました。
入籍後から結婚指輪をつけていましたが、新たな気持ちで贈ります。
新郎から新婦へ。そして、新婦から新郎へ。

20分のヘリコプターでの結婚式&遊覧を楽しんだ後は、ふたりにサプライズでシャンパンを用意。キャンピングカーの中で、乾杯!

パイロットからは、「ふたりの結婚式に立ち会えて感動しました」と。
オリジナルのフライトログに署名をもらって、ふたりの記念にしていただきました。結婚記念日には、横浜の夜景での遊覧をお楽しみください。

お二人からのメッセージ

入籍日は決まっていましたが、結婚式の話になるとあまり乗り気ではない彼でした。あの当時は、本当に結婚式をどうしたら良いのか分からなく、コロナ禍のため、高齢の祖母を招待することにも気が引けて。悩んでいるときに相談できたのが佐藤さんでした。

結婚式当日、ヘリコプターで上空に上がったとたんに、目の前に広がる横浜の景色にとても感動しました。しばらくヘリコプターの遊覧を楽しんだあと、誓いのセレモニーが始まりました。この時までお互いに誓う言葉は内緒にしていました。彼は、私と出会ったときから、プロポーズをしてくれた時までの気持ちをきちんと伝えてくれました。そして、これからのふたりの人生に対しての誓いの言葉も言ってくれたので、嬉しくて思わず涙がこぼれてしまいました。

私たちにとって、一生忘れられない特別な日となりました。

ヘリコプターでの結婚式を行ったあと、しばらくして新しい命が宿っていることが分かりました。子供が大きくなったら、「あの大空でパパとママが結婚式をしたんだよ」と教えてあげたいなと。 空を見上げるたびに、この日のことを思い出しながら、3人で過ごしていけたらと思っています。

私たちの結婚式を朝の情報番組にも取り上げていただきました。一生の思い出になりました。本当にありがとうございました。

ふたりが利用した新しいウエディング「ソラマリ」とは?

各種SNSでこの記事を共有することが出来ます。

この記事「コロナ禍でふたりが決断したのは ヘリコプターでの結婚式」に関するお問い合わせ

このメールはウェコの編集部が受け取ります。 ここでのお問い合わせは直接本人へメールが届きませんのでご了承ください。 なお本フォームよりメールを送信する際は次のプライバシーポリシーに承諾したこととさせていただきます。 あらかじめめご了承頂ますようお願いいたします。 

どの実例を見て誰にお問い合わせしたいか書いていただけると幸いです。

実例一覧

コロナ禍でふたりが決断したのは ヘリコプターでの結婚式

1都3県では緊急事態宣言中で自粛期間が続いていた時のこと。仕事でご一緒している彼女より「実は、結婚することになりました」と嬉しい報告をいただきました。コロナ禍でカップルより結婚式の延期・中止の相談を...

Generic placeholder image
佐藤 陽子
株式会社オフィース・マリアージュ ウエディングプロデューサー
この記事は佐藤 陽子さんが行った実際の実例です。

僕らの宝箱

同性カップルさんからのご相談で、それぞれの歩んできた道のり、それを温かく応援してくれる家族と仲間とのお話をお伺いし、お二人らしさをより大切にしたウェディングづくりに心がけました。お互いを改めて皆様...

Generic placeholder image
三輪 美玻留
bridal produce grace 代表 / フリーウェディングプランナー
この記事は三輪 美玻留さんが行った実際の実例です。

STEER OUR SHIP 2

お二人へのインタビュー●お二人はどんなウエディングをしたいと思っていましたか?二人とも海運会社で働いていることもあり、海の神様(海上安全の神様)が祭られている住吉神社での神前式を希望。披露宴に関して...

Generic placeholder image
三輪 美玻留
bridal produce grace 代表 / フリーウェディングプランナー
この記事は三輪 美玻留さんが行った実際の実例です。

STEER OUR SHIP

関東に在住の船舶関係のお仕事をされているお二人から、地元の九州の中で、航行の神様でもある住吉神社で結婚式をして、お二人とご家族がゆっくり過ごせるウェディングをしたいというご要望でご依頼をいただきま...

Generic placeholder image
三輪 美玻留
bridal produce grace 代表 / フリーウェディングプランナー
この記事は三輪 美玻留さんが行った実際の実例です。

“世界にひとつ” ブライダルジュエリーの新しいカタチ

銀座一丁目の「Une Pierre en Plus(ユンヌ ピエール アン プリュス)で、ブライダルジュエリーを作った3組のカップルをレポート。家族の宝石を代々受け継ぐヨーロッパに伝わる風習「家族の宝石(ビジュー・ド・...

Generic placeholder image
倉田 真由美
ユンヌ ピエール アン プリュス プロデューサー
この記事は倉田 真由美さんが行った実際の実例です。

自分たちの新居で結婚式をしたい!

初めてご連絡いただいたのは、新郎さま。「二人のご自宅で祝言を挙げたいので見に来てもらえないか?」というご依頼です。新規就農をするにあたって移住を決めた九十九里の土地、出発点となる自分たちの家で大事...

Generic placeholder image
長谷川 円香
フリーランス ウェディングプランナー
この記事は長谷川 円香さんが行った実際の実例です。

お二人の夢や憧れを表現できるオーダーブライダル(オーダー婚約指輪・結婚指輪)

結婚を決めた二人の第一歩は、ブライダルリング選びから「ユンヌ ピエール アン プリュス」のブライダルリングは、お二人のご希望をじっくりとお聞きする丁寧なカウンセリングから始まります。<br>銀座一丁...

Generic placeholder image
倉田 真由美
ユンヌ ピエール アン プリュス プロデューサー
この記事は倉田 真由美さんが行った実際の実例です。

YouTube動画でわかる!カッコイイ新郎になるための「タキシード」講座

タキシード、フォーマルウェアの基礎から、カッコイイ!タキシードの選び方、着こなし術、小物の組み合わせ方、写真の撮られ方、等々、初めてタキシードを着るプレ花婿が知りたい情報を手軽にYouTubeで学べる「タ...

Generic placeholder image
横山 宗生
タキシード アトリエ ロッソネロ 代表&デザイナー
この記事は横山 宗生さんが行った実際の実例です。

世界各国からご友人を招いて国際色豊かな3部構成のウェディング

航空関係のお仕事に就くお二人の結婚式は、世界各国のご友人をお招きして行われました。結婚式は3部構成で企画。1部は挙式に先立って、ご親族顔合わせと親睦を深める祝宴を開催。2部は近くの神社に移動して神前式...

Generic placeholder image
古橋 多恵子
タエ コーポレーション 代表 フリーウエディングプランナー
この記事は古橋 多恵子さんが行った実際の実例です。

“Field Trip” 〜 遠足へ行こう!〜

「おやつのお菓子は300円まで!」小さな頃から遠足の前の日はワクワクして眠れない 鼻歌響かせながら 愛情いっぱいのお弁当 バスでの楽しい会話 どれもが笑顔が溢れる時間 お二人はいつでも楽しい友達に囲ま...

Generic placeholder image
野田 真奈美
株式会社スウィートマカロン 代表 フリーウェデイングプランナー
この記事は野田 真奈美さんが行った実際の実例です。

Family Love Wedding

3年前にプロデュースした花嫁さんの妹さんが結婚されるというご連絡をいただき、姉妹で結婚式をサポートするご縁をいただきました。新郎新婦のお二人は入籍済みで、1歳の赤ちゃんがいるご夫婦。現在お住まいは新...

Generic placeholder image
古橋 多恵子
タエ コーポレーション 代表 フリーウエディングプランナー
この記事は古橋 多恵子さんが行った実際の実例です。

UP UP UP ! 気球に乗ってどこまでも

新婦さんとは、ウェディングのMCとしてお仕事を組むこともあり、結婚の報告を受け、お手伝いさせていただくことになりました。お二人の交際のきっかけから、ご家族やお仕事、ご友人関係、お二人自身の性格も把握...

Generic placeholder image
三輪 美玻留
bridal produce grace 代表 / フリーウェディングプランナー
この記事は三輪 美玻留さんが行った実際の実例です。

プロフェッショナル一覧

プランナー

佐藤 陽子

オフィース・マリアージュは1983年の創業以来、結婚式の大切さを唱えてきましたが なぜ、私たちは結婚式をするのでしょう ご両親に感謝を伝えるため、ご両家の絆を紡ぐため お世話になった方々に二人の人生の門出...

その他(旅行・指輪)

倉田 真由美

美術大学で視覚伝達デザインを学んだのち、広告企画制作会社でアドバタイジングやグラフィックデザインの仕事を手掛けてきました。時代に沿ったお気に入りの“美”を探し続けています。子育てのかたわらデザインの...

スタイリスト

アンジュ・アン

販売・オーダーメイドのウェディングドレス専門店「アトリエアン」のオーナーです。一人でも多くの花嫁に、「婚礼衣装のレンタル費用で、自分だけのドレスが買えるし、オリジナルドレスを作ることもできる」とい...

スタイリスト

荒井 悦子

素材にこだわり シルエットにこだわり 仕立てにこだわる。全て本物志向でありたいと考えています。昔映画を見て感動したオードリーやグレースケリーなどの女優さんが着ていたジバンシーやディオールのドレスの様...

プランナー

古橋 多恵子

◆ 会場選びから~楽しいプロセスを ◆アットホームに!ゲストと共に語らう時間をたっぷりと!日頃の気持ちに感謝を込めて!結婚式の思いはカップルの数だけ様々です。本当に自分たちのやりたい事、ご両親やゲスト...

プランナー

花ヶ崎 敏子

お二人のご予算内で、おふたりの理想とする素晴らしい結婚式が挙げられるようお手伝いするために、「ロハスウエディング」をオープンしました。「ロハスウエディング」は欧米式ウェディングパーティを日本でなじ...

プランナー

長谷川 円香

この度は、ご結婚おめでとうございます! 「結婚式」ってとっても良いものです。 お二人のためにゲストの方々が時間を作ってお祝いに来てくれる・・・これって当たり前の事ではないんですよね。「結婚式」って これ...

プランナー

広田 多可

結婚することが決まった、でも何から準備したらよいのかわからない・・・そんなお二人にのためトータルサポートをさせていただいています。「結婚準備はまず何からはじめたらいいのかな」ふたりで準備をはじめた...

プランナー

金井 夕子

和装での神社結婚式のトータルプロデュースを致します。何をしたらいいの?当日はどんな風に進むの?特に神社挙式はサポートする人がいませんと準備も当日も分からない事だらけです。せっかくの結婚式、お二人は...

スタイリスト

金井 夕子

ご相談頂いた際には必ず、神社式の際には神社での当日の流れ、写真撮影の流れ、時間の事、決まりごとをお話しさせて頂きます。わからなくて自由に振舞ってしまうのと、自分が選択して決めた自由な形の結婚式は自...

その他(旅行・指輪)

加藤 壮一

私たちは、いままでにない2人だけのハネムーンのコーディネイト、そしてセレモニー&パーティを実現するお手伝いをいたします。 誰かが作ってくれたよくある人気の新婚旅行や海外挙式ではおさまりきらない2人...

グッズ・フラワー

川辺 能里子

Angel Cakeでは、ダイパーケーキのオーダーメイドやベイビーシャワー、1歳までのバースデイパーティーにぴったりな空間デコレーションアイテムの販売をしています。ベイビーシャワーとは、今日本でも話題のアメ...