誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ
LIBRA WEDDINGS Inc. 代表/プロデューサー Big smile wedding プロデューサー上野 由賀里
上野 由賀里さんのお客様のリアルレポート

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

映画「華麗なるギャツビー」の世界をテーマにエンターテイメント溢れるウエディング

スポンサーリンク

趣味のポールダンスを披露してゲストの皆様に楽しんでいただきたい!というご新婦。華やかで楽しいことが大好きなおふたりのウエディングにふさわしい世界観を創るために選んだコンセプトは映画“華麗なるギャツビー”の煌びやかなパーティシーンでした。

当日は2部構成にし、前半は両家親族でのアットホームな挙式と披露宴。
後半のパーティは装飾や照明を駆使して芸術的でエキサイティングな世界感を徹底的に創り込み、「誰も体験したことのない」エンターテインメントなウエディングをコーディネートすることができました。

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

新婦友人の仲良しグループがブライズメイド役。フューシャピンクのお揃いドレスでロケーションフォト。大人のウエディングパーティの始まりです。

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

仮面をつけて対応する受付。そんな雰囲気にゲストの期待も高まります!

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

ドレスコードは1920年代のファッション。男性はボウタイやハット、女性は赤リップやヘッドドレスなど華麗なるファッションでパーティを彩ります。

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

パーティは、司会者ではなくエンターテイナーとしてシルクハットと付け髭をつけたMCの導きで、新郎新婦の入場からスタート。

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

余興やケーキ入刀などの演出は行わず、ブライズメイドを携えて新婦上司が華やかに「乾杯!」の発声。

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

メインテーブルをソファにして、おふたりもリラックスしてパーティを楽しめるシッティングブッフェ形式。

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

そんな寛いだ雰囲気の中でゲストとの会話も盛り上がります。常に照明と大きな音楽で会場を華やかに演出し、歓談時は心地よく会話ができるように配慮しています。

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

いよいよポールダンスがスタート。5分ずつの連続で披露し、3部構成で1つのショーとして演出しました。1部は、新婦のポールダンス仲間の友人4人によるゴージャスで華麗なショー。

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

2部は、なんと新婦ご自身が登場したミニウエディングドレス姿を脱ぎすて、ポールダンスを披露!

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

3部は、ミスポールダンスジャパン2012ファイナリストの本格的なショー。

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

芸術的な世界観のポールダンスのショーににゲストの皆様も酔いしれました。
フリータイムにはステージ上のポールに登ってみる方も。

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

ベストドレッサーショーが行われ、ベストドレッサー男女2名にはふたりから商品をプレゼント。

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

サンクススピーチでは、新郎もちょっとだけポールパフォーマンスを披露、会場はさらに盛り上がりました。

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

装飾や照明にこだわり抜いたパーティに「こんな結婚式はじめて!」「最高に楽しかった!」とゲストの皆様からは大好評。会場には、一体感が生まれ、最後までおふたりらしさが溢れるムードでエンディングへ・・・。

誰もが未体験の“大人の結婚式” 映画のような華麗なる非日常の世界へ

部屋に戻ってきたふたりの目の前には、きらめく東京の夜景。パーティの余韻を残しながら一日が更けていきます。「誰も見たことないウエディングがしたい!」この願いがカタチになり、ふたりとも大満足の結婚式になりました。

おふたりからのメッセージ

私たちのウエディングは2部制。1部は親族のみで落ち着いた雰囲気の挙式・披露宴に。2部は140名で盛大にウエディングパーティーを開催しました。
私(新婦)は趣味でポールダンスを3年ほどやっており、自分のウエディングパーティーで披露したいという夢がありました。
会場選びで重要視したのはポールを立てられる高い天井と、ゴージャスな演出ができるところかどうかの2点。それが叶えられそうな会場として訪ねたのがホテル日航東京で、YUKARIさんが相談に乗ってくれました。
私たちの希望するパーティーのイメージは「華やかでかっこよく」。ファーストバイトやブーケトスといったパターン化した流れの結婚式ではなく、誰も見たことのない新しいパーティーにしたい!そんな私たちの漠然としたイメージを具体化してくれたのがYUKARIさんでした。
映画「華麗なるギャッツビー」をテーマに、メインカラーや会場演出・企画を提案してくれました。ポールダンスのポールを会場の中心に立てるという大胆な提案にはポールダンスを一緒に踊ってくれたダンサー仲間も大絶賛!
仲良し女子会グループにはフューシャピンクのお揃いドレスでゴージャスなブライズメイドになり会場を盛り上げてもらいました。
ゲストのドレスコードは「1920年代ファッションアイテム」。男性は蝶ネクタイや帽子、女性は髪飾りや赤いリップなどの華麗なファッションを指定したところ、みんなお洒落をしてきてくれて、とても雰囲気のある写真がたくさん撮れました。
当日リハーサルで会場に初めて足を踏み入れた興奮は未だに忘れられません。照明と音響がとにかくすごくて…ゴージャスなピンクの照明とミラーボールにスモーク。「ここはニューヨークのキャバレー!?」と大興奮でした。
ゲストに会場のゴージャスな雰囲気とポールダンスショーを楽しんで頂けて、パーティーから一年経った今でも「あのパーティーは本当にすごかったね。」と記憶に残っているのが本当に嬉しいです。

すべてを統一感ある世界観に落とし込んでいただき、私たちの希望通りのコンセプトに合うスタッフをチームにしてくれたアサイン力もチームワークも最高!理想通りのウエディングパーティーで、今思い出しても大興奮します!
YUKARIさんに出会っていなければ、どうなっていたかと思うほど。
心から感謝しています。ありがとうございました!
西田 始・菜々

スポンサーリンク

このお客様のコーディネーター 上野 由賀里 プロフィール

LIBRA WEDDINGS Inc. 代表/プロデューサー Big smile wedding プロデューサー上野 由賀里
LIBRA WEDDINGS Inc. 代表/プロデューサー Big smile wedding プロデューサー

上野 由賀里

1996年 OLを経てウエディング業界へ転職。専門式場にてサービス経験後、ウエディングプランナーへ。 1997年 ニューヨークのトッププランナー・マーシーブルームのセミナー受講。その楽しさに衝撃を受け、楽しいウエディングを日本で創ることを夢に! 2000年 結婚を機に都内大手ホテルへ転職。ライフスタイルとしてのウエディングを意識する。 2008年 BIA主催日本ブライダル大賞コンテストにてマスターオブブライダルコーディネーター受賞。 同年、日本パーティープランナー協会1期生として欧米のパーティー文化、カラーイメージスケール、ウエディング文化、プランニングについてのノウハウを学ぶ。 2011年 SHOKO NEW YORKにて欧米のウエディングプロデューサーについてのノウハウを学ぶ。同年、大手ホテルのプロデュースブランドLIBRA WEDDINGSの立ち上げに携わる。プロデューサーとしてフリースタイル、パーティースタイルの新しいウエディングを提案、実績を積む。 2012年 フリーランスに転向。上記を続けながらも、レストラン・カフェなど様々なスタイルの経験も同時に積む。同年、専門学校での講師もスタートする。 2015年 LIBRA WEDDINGSを引き継ぎ、法人化。

ウェコ編集部へのお問い合わせ

このリアルレポートのお問合わせはウェコ編集部へのお問合わせになります。お問合わせはもちろん全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。