自宅・野外のローズガーデンでナチュラルウエディング
株式会社ピーハピィ代表取締役 ウェディングプロデュースショップエクラ運営 フリーランスウエディングプランナー山本 恵
山本 恵さんのお客様のリアルレポート

自宅・野外のローズガーデンでナチュラルウエディング

これから二人で守っていくローズガーデン

新婦・郁子さんのお母様はご自宅を「ローズガーデン」として一般に開放されていて、春のバラの季節になると、1日に数百人もの人が訪れるそうです。
郁子さんは結婚後、この庭を将史さんと二人で守っていくと決めたときから、この場所を二人のスタートの場所にしたいと、この庭での挙式することを考えていました。

披露宴は親族が中心で遠方からお越しの方もいらっしゃるため、交通の便の良いつくば駅周辺のホテルに決定。
しかし、挙式だけは「自宅」という事から、場所を問わず自分たちの希望通りに自由な結婚式をサポートしてくれるコーディネーターが必要でした。
知人から、茨城県内にもゼロから結婚式を創ってくれるコーディネーターがいると紹介され、私とお逢いすることになったのでした。

お二人からの希望は実にシンプルでした。
ご自宅のローズガーデンの中に、ナチュラルな挙式スペースを作って欲しい。そして、お金を掛けるのではなく、自分たちが持っているものを有効に活用して欲しいという事でした。
そのご希望通り、お客様の庭にある椅子、テーブル、オブジェ、花など、そのままのロケーションを活かして、ローズガーデンでの挙式をコーディネートさせていただきました。

お打合せは、勿論ご自宅。そして、披露宴の会場となったホテルでのお打合せにも同行して欲しいという要望から、ホテルでのお打合せも同席させて頂きました。
司会者も、挙式から同じ人が良いということで、私の方で信頼できる方をご紹介し、当日も滞りなく進められました。
ホテルのご担当者にもご理解頂き、当日は連携しながら進められ感謝しています。

ガーデンに挙式空間を作る際には、お二人にも協力して頂き一緒に準備を進めました。準備を通じて、お二人も結婚式を「創る」楽しさ体感して頂けたように思います。

すべてがはじめてのことなので、何度もタイムスケジュールを練り直し、ついに迎えた挙式当日。
ご自宅でお支度を整えたお二人は、国指定の重要文化財である「坂野家住宅」へ移動。

「坂野家住宅」はローズガーデンから300メートル程のところにあり、新婦・郁子さんのおばあさまが、生前に住んでいらしたお屋敷です。
坂野家はこの地で五百年も続く有力な名主で、その屋敷地は、1ヘクタールにもおよぶ広大さ。周囲に塀が巡らされ、映画やTV時代劇、CMなどの撮影でも使われています。隣接する竹林も有名で、この場所で撮影されたドラマや映画も多いそう。
お二人のウエディングフォトもその中での撮影され、親族の集合写真は庭で行いました。
お二人が望まれた通りの挙式と撮影が実現した結婚式。
ご先祖様が受け継いできた「家」と、これから守っていく「家」を大切に、共に夫婦で頑張っていこうというお二人の気持ちが伝わる結婚式となりました。

自宅のローズガーデンでナチュラルウエディング

自宅のローズガーデンでナチュラルウエディング

お二人がこれから一緒に育てていく「The Natural Gardens of Sakano(ローズガーデン坂野)」での撮影。
約3000㎡の里山の敷地に500を超える品種(約1000株)のオールドローズ・モダンローズを持つバラ園です。

自宅のローズガーデンでナチュラルウエディング

挙式は、そのガーデン内の正面の敷地を使って行いました。
1つづつ椅子を拭き、草を掃除し、お客様に座って頂ける空間を作りました。

自宅のローズガーデンでナチュラルウエディング

挙式で読みあげた誓いの言葉は、この場所をスタートに選んだお二人が考えたもの。
親御さんをはじめ、皆さんがお二人の言葉にうなずいていらっしゃいました。

自宅のローズガーデンでナチュラルウエディング

自宅のローズガーデンでナチュラルウエディング

挙式ではアコーディオンが奏でられ、心地いい空気が流れました。
挙式後、お二人のガーデンに咲く秋のバラを中心に花びらを集め、フラワーシャワーを行いました。

自宅のローズガーデンでナチュラルウエディング

ガーデン内で列席者全員で写真撮影。
多くのゲストが二人を祝福してくださいました。

自宅のローズガーデンでナチュラルウエディング

「The Natural Gardens of Sakano」から歩いて300メートル程のところにある、国の重要文化財に指定されている「坂野家住宅」は、まるでタイムスリップしたような空間です。
撮影をしていたら、ちょうど挙式に参列される方のバスが到着。

自宅のローズガーデンでナチュラルウエディング

初めてここを訪れた方は皆さん興味津々です。
建物自体知っている親族の方も、そこに「お嫁さん」がいるだけで雰囲気が変わるので写真を撮る手もたくさん!!

自宅のローズガーデンでナチュラルウエディング

自宅のローズガーデンでナチュラルウエディング

坂野家の竹林はそこに立つだけで背筋が「ピン」となる空気感が漂う場所。
お二人も、ぜひここで撮影をしたいとのご希望でした。

自宅のローズガーデンでナチュラルウエディング

ヘアメイク/そうますずよ

このお客様のコーディネーター 山本 恵 プロフィール

株式会社ピーハピィ代表取締役 ウェディングプロデュースショップエクラ運営 フリーランスウエディングプランナー山本 恵
株式会社ピーハピィ代表取締役 ウェディングプロデュースショップエクラ運営 フリーランスウエディングプランナー

山本 恵

1992年、電子オルガンの講師の資格を持っていたことから結婚式場での奏者としてこの業界に。その後、もともと、一からお客様と話をして進行を考えることに楽しさを見出したことから、まずはフリーで司会(ゲストハウス、ホテル、専門式場、レストランなど)をするようになり、あるフリースタイルなウェディングをするテレビドラマを見て自分もこういうスタイルのウェディングをしてみたい!と2003年起業。

起業後しばらくして、プロデュースを手掛けるようになり、結婚するお二人にとって結婚式を挙げる事の意味、また、会場ありきではなく、まずは二人で話をしたうえでの場所選びがとても大事な事だと伝えていくことで、自分なりのスタイルを創ってきたように思います。そんな中、2014年にweco創刊号を手に取ってくださった事でわたくしと出会った新郎新婦さんと創った「おひさま結婚式」が「リクルートブライダル総研主催 グッドウェディングアワード2014」で313組の中でグランプリを頂いた事で自分の活動を知って頂く機会も増え、自分のスタイルも改めて確立出来たような気がします。

私は、お二人と話をしながら、お二人にとってどんなスタイルがいいのか?を自分たちで気づいてもらいながら二人を精一杯サポートすることが大好きです。
そして、100名様以上の婚礼からご家族様だけの婚礼まで、お二人に合せたサポートをさせて頂きます。 結婚式がお開きになったお二人やゲストの皆さんの笑顔を見て私は心からこの仕事が好きなんだと実感します。 また、「農」と「食」の事はウェディングのコト以外で携わっているため、得意な分野です。ウェディングパーティの中で「食」は大事な部分ですので是非ご相談ください。

2017年より、茨城県の結婚式を発信するサイト「旅する茨城ウエディング」を企画・運営。http://ibaraki.wedding/

●リクルートブライダル総研主催 グッドウェディングアワード2014グランプリ
●プロデュースしたミニトマトジュース「サンパレット」が2014グッドデザイン賞入賞


【テレビ】
●2013年NHK全国「おはよう日本」山本密着レポ~袋田の滝ウェディングまでのレポート~
●2014年日テレ「なら婚」~おひさま結婚式~
●2015年NHK関東「おはよう日本」山本担当のカップル~ひな祭りの花嫁行列~

このお客様のリアルレポートへのお問い合わせはこちらより。 山本 恵へのお問い合わせになります。

ウェコでのお問合わせは全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。