見たことないと言わせたい!
Prima! 代表・ウェディングプランナー、ナビゲーター清水 恩
清水 恩さんのお客様のリアルレポート

見たことないと言わせたい!

ゲストも未体験の大人カジュアルウェディング

スポンサーリンク

おふたりに最初にお会いしたときに印象的だったのは、「皆さんに、こんなの見たことない!と言わせたいんです。」という美樹さんの言葉でした。

アメリカ留学中に出会い、ご結婚に至った克親さん、美樹さん。実は最初は、原っぱで運動会のようなウェディングをする、というのが新婦のご希望。
想いを熱く語るご新婦と、それをおだやかに隣で聞いているご新郎。正反対に見えるおふたりでしたが、共通する想いはお客さまへのおもてなしの気持ちでした。

一度は、ゲストを観光バスで都内から温泉のある地にお連れして、料理の美味しい小さなペンションを貸切ったウェディングをしようという構想を練って進めていました。しかし、ゲストのことを考えたら、やはりそのスタイルはおもてなしとしてどうなんだろうか?と考えて再度話し合い、都内で行う方向で検討し直すことになったのです。
しかし、当初頭にあった「見たことないウェディング」というコンセプトはしっかり残していこう!ということに決めて、改めて会場探しが始まりました。

全てのゲストをいっぺんに呼べる会場と、2部制で行う前提での会場との2つの方向性を考えて会場をリサーチし、最終的に1部目は100年の時を経た洋館でのご親族との挙式とご会食、2部目は自分らしくアレンジできる場所で、お仕事関係の方やご友人とバーベキューも含めたブッフェパーティを行うことに。

カメラマンのご友人など、周囲の方に依頼する予定のものがあり、他のものも信頼・納得できるところに頼みたいという想いをお持ちだったので、会場にもその旨を見学時にお伝えし、承知していただいていました。1部、2部ともに、会場、Prima!それぞれのパートナーから、ご自分たちの求める雰囲気に合いそうなパートナーをチョイスしていただきました。

見たことないと言わせたい!

1部目は、元宮邸という貴重な洋館での「未体験のひととき」。ホテルの一室でお支度を済ませたら、庭園や洋館内で写真撮影を。よく晴れて陽射しが眩しい、最高の日和です!

見たことないと言わせたい!

見たことないと言わせたい!

おふたりの思い出の場所はラスべガスのヴェラージオの大噴水。小さいながらも噴水があるこの「ファウンテンチャペル」での挙式を選んだのは、そんな理由からでした。おふたりにぴったりのシチュエーションでしたね。

見たことないと言わせたい!

見たことないと言わせたい!

ご親族には、かつてこの邸のプライベートルームだったというバンケットで和やかにお食事を楽しんでいただきました。
披露宴では、ご親族紹介を兼ねてゲスト全員を新郎新婦自ら紹介。和やかさが増し、一層お話が弾む空気になるので、私もよくおすすめしているのですが、ご親族の皆さまもおふたりから直接ご紹介されて嬉しそう。

見たことないと言わせたい!

おふたりの3つの自慢のポイントの1つ目がご新婦のウエディングドレス。ご新婦憧れの某映画のヒロインが着たドレスを真似させてもらったオーダードレス。おいそがしい中でもダイエットというミッションもクリア! 特に背中のラインがすっきり、姿勢も良くなっていました。
ブーケはご新郎の職場の同僚の方の手作り。私も製作者の方と事前に打合せしたので、当日ブーケを拝見するのが楽しみでした。

見たことないと言わせたい!

1部目は、技量もよく知っており、安心して依頼できるホテル専属のフローリストに装飾を依頼。挙式・披露宴の音楽は、おふたりがアメリカ留学時代によく聞いたものなどから細かく選曲。楽しげな雰囲気を盛り上げていましたよ。

見たことないと言わせたい!

さあ、会場を移動して2部目が始まります! 2部目は、夏にしか使っていないビアレストランを貸し切って、自然を感じる空間を創り、「今までにない」フランクに楽しめるブッフェスタイルのパーティ。木がたくさんある空間で、自由な雰囲気の時間にしたいというご希望でした。

見たことないと言わせたい!

招待状にはヴェラージオの噴水をデザインし、お好きな色である赤を基調に。当日はエスコートカードでゲストにお席を探していただきました。

見たことないと言わせたい!

おふたりの入場の際には既に賑やかな会場内。

見たことないと言わせたい!

見たことないと言わせたい!

料理は、お会いしたときにご新婦がおっしゃっていた「バーベキュー」を実現! バーベキューといっても、外でコックさんが本格的に焼いてくれる、いわばグリル料理。ゲストの皆さまも、かなり喜んでくださって、大人気のコーナーに。

見たことないと言わせたい!

途中、お席を回っておふたりとゲストの皆さまと一緒に写真撮影を行うのと合わせて、入口近くにフォトブースを設置、思い思いに楽しい写真を撮影していただきました。最後にはスタッフもおふたりと一緒に一枚撮影しましたよ。

見たことないと言わせたい!

見たことないと言わせたい!

2部目の空間は、ダイナミックな装飾が得意なPrima!パートナーのフローリストに依頼。大人のカジュアルな雰囲気で、木や花に囲まれた空間を表現したいというご新婦のイメージに沿って、ビアレストランの少々無機質な空間を、リゾート感あるアレンジメントで彩ってもらいました。

見たことないと言わせたい!

面白い花材もたくさん使用したので、テーブルのお花を見ながらゲスト同士の話も弾んだことでしょうね。自分たちオリジナルの空間になったと、自慢ポイントの1つにも挙げていただきました。

見たことないと言わせたい!

見たことないと言わせたい!

「ウェディングプランナー、フローリスト、カメラマン等、会場づきではなく自分たちで選んだ方々であること」というこだわりもクリア、これが自慢ポイントの3つ目。
フリープランナーならではのサポートやプロセスを大いにご活用いただいて、私もとても楽しくプロデュースさせていただきました。
克親さん、美樹さん、いつまでもお幸せに♪
今後ともよろしくお願いいたします!

見たことないと言わせたい!

スポンサーリンク

お二人から 清水 恩 さんへのメッセージ

人とは違う、オリジナルの事をやりたいと思い、自分たちがお願いしたい業者さんにお願いすること、また、音楽やお花も全て自分たちで決めることにこだわりました。

結婚式の2か月前に「やろう!」ということになり、仕事しながらの準備だったので、全てが大変だったような……。でも、「やればできる!」と証明できたし、あれだけタイトだったからこそ集中して準備できたので、逆によかったと思います。

プランナーに自分たちの想いをまず理解してもらうことが大事だと思いました。おかげさまで「ご飯がおいしかった!」「今までにない結婚式だった!」「ふたりらしさが出ていてよかった!」と、ゲストからたくさんのお褒めの言葉をいただきました。

本当によくしていただき、ただただ感謝です。清水さんにお願いしてよかったです^^ ありがとうございます!

克親・美樹

このお客様のコーディネーター 清水 恩 プロフィール

Prima! 代表・ウェディングプランナー、ナビゲーター清水 恩
Prima! 代表・ウェディングプランナー、ナビゲーター

清水 恩

高校・大学と打ち込んだモダンダンスとの共通点からウェディングの世界へ。大学卒業後、地元群馬の専門式場でウェディングのキャリアをスタート、自動車販売会社のセールスを経験後、都内大手プロデュース会社にて再びウェディングの仕事に。イベントホール、レストラン、ホテル等さまざまな環境でウェディングプロデュースの経験を積む。 退職後、2007年にPrima!(プリーマ)を立上げ、結婚式全般の案内役「ウェディングナビゲーター」としての活動をスタート。既存の枠にとらわれず、お客さまに必要なメニューを必要なだけ提供する、ア・ラ・カルト方式でウェディング準備のサポートを行っている。情報サイト「All About」のオフィシャルガイド、結婚情報誌・サイトの記事等、結婚式に関する執筆や監修も多数。 幼いころから日本文化に興味を持ち、大学では源氏物語などの古典文学を専攻、祖母や母の影響で着物についても 筋金入りの日本文化好き。

ウェコ編集部へのお問い合わせ

このリアルレポートのお問合わせはウェコ編集部へのお問合わせになります。お問合わせはもちろん全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。