紅と白
株式会社ブレンダ フリーウェディングディレクター佐野 桜子
佐野 桜子さんのお客様のリアルレポート

紅と白

飾らない、自然に

住吉神社にて挙式、博多の老舗料亭「三光園」さんにてコーディネートとプロデュースをさせて頂きました。

「三光園」は福岡有数の数寄屋造りの建物と美しい日本庭園を持つ会場で、「紅白」をメインカラー&テーマに据えて和モダンなコーディネートに。

大人のおふたりのご希望はとにかく「シンプルに」。
打合せの始めに「ご縁」というイメージが浮かび、披露宴のテーマに「両家の家紋」を「紅白」で作成。
招待状から始まり、ペーパーアイテムを全てこの家紋モチーフで統一しました。

受付け周りには、紅葉狩りをイメージした短冊型の芳名カード、裏にはゲストからおふたりへのメッセージを書き添えて頂きました。

またゲストに大変好評だった「和菓子ビュッフェ」。 目にも鮮やかでハレの日の演出にぴったりでした。

引出物は私共で制作している「継 TSU NA GU」の袱紗をお選び頂き、ゲストの方がご自宅に戻られ 包装を開ける瞬間を想像して、おふたりが何故この袱紗を選ばれたのか、というメッセージを入れました。

いつもお腹を抱えて笑わせて頂くほど、笑いの絶えない打合せの中にも、常にゲストの事を意識され、一つひとつ丁寧にモノ選びをされている姿に、おふたりの温かなお人柄を感じました。

シンプルな中にいかにおふたりらしさを取り入れるか、ゲストの心に何が響くか、という課題は私達の中でも最も難しいもので、何度もミーティングを繰り返しました。
「大人の結婚式とは」という問いに対する答えを考えるうちに、私たち自身が原点に戻る想いをさせて頂きました。

紅と白

ゲストに大変好評だった「和菓子ビュッフェ」。地元の和菓子處五島さんから

紅と白

見た目にも鮮やかで、季節感の感じられる和菓子たちはハレの日の演出にぴったりでした

紅と白

紅と白

黒塗りのお重も良い雰囲気に

紅と白

紅と白がテーマの会場装花。すっきりと和モダンな装花はそのままゲストへのギフトになるように

紅と白

老舗料亭の玄関から人力車で住吉神社へ

紅と白

朱色が鮮やかな住吉神社の楼門

紅と白

披露宴は博多の老舗料亭「三光園」にて。
紅葉の季節に受付周りに飾った紅葉のウェルカムツリー。家紋入り短冊形のメッセージカードにゲストからのコメントを添えて

紅と白

新郎がいそがしい中自作した、生まれてから今までの自分年表。時代背景とともに

紅と白

三光園伝統儀式の「お熨斗出しの儀」

紅と白

「お熨斗出しの儀」を新婦が厳かに披露

紅と白

博多の芸妓さん。ゲストも初めての体験に感激されていました

紅と白

紅と白

芸達者なご友人からのプレゼント

紅と白

ペーパーアイテムは紙質までこだわって招待状からオーダー。両家の家紋を入れて「紅と白」で

紅と白

成人式のお振袖を着て、ご両親と

紅と白

花嫁が身に纏った正絹の白無垢

紅と白

お色直し用の色打掛。色合いの美しい花尽くしの柄が会場に映えました

紅と白

老舗料亭の雰囲気を崩さないよう、会場はシンプルかつ落ち着いた雰囲気に

フォト/hiromasa otsuka(overhaul)
フラワー/sakurako(degas)
ヘアメイク/maki takeda(Lien)
ペーパー/maki kato(quatre ving huit)
ドレス/BLENDA

このお客様のコーディネーター 佐野 桜子 プロフィール

株式会社ブレンダ フリーウェディングディレクター佐野 桜子
株式会社ブレンダ フリーウェディングディレクター

佐野 桜子

1975年福岡県北九州生まれ。 1998年 大学を卒業後、旅行会社の法人営業として4年間勤務。 2001年にウェディング業界へ転職。北九州市内のレストランウェディング会場にてウェディングプランナーとして1年半、ハウスウェディング会場にてチーフウェディングプランナーとして、約200組以上を担当。 業界での経験を生かし、2005年に悩める花嫁のために、オーダーウェディングドレスショップ「BLENDA」を開業。 同年29歳で「株式会社ブレンダ」設立。現在はBLENDAの運営の傍ら、個人としては会場コーディネートを始め、専門学校講師、大学での特別講義、起業家セミナー講師などとしても活動中。現在男の子二人の親でもあります。

このお客様のリアルレポートへのお問い合わせはこちらより。 佐野 桜子へのお問い合わせになります。

ウェコでのお問合わせは全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。