アットホームな家族ウエディング
どこでもウェディング.com ウェディングプランナー大和田 浩子
大和田 浩子さんのお客様のリアルレポート

アットホームな家族ウエディング

人前式と和やかな会食の時間

入籍だけで済ますつもりだった大人婚のおふたり。

新郎のお母様が「お嫁さんのドレス姿が見たいわ(^_^)」とおっしゃり、その希望を叶えようと、食事会程度の結婚式を考えたそうです。
ご両親を早くに亡くされた新婦様のことを、新郎様のご両親が実の娘のように、大切にされているお話を、おふたりとの打合せで伺いました。
新郎様のご両親のことを「優しいです!」といきいき話すご新婦様の姿がすてきだなと思い、新郎様のご両親と新婦様が関われる演出を考えました。

人前式は新郎父と腕を組んで入場し、ヘアメイクチェンジの中座は新郎母とおこなっていただきました。
新郎新婦っぽい席は抵抗があるということだったので無しにしましたが、衣装やお花やメイクなど、こだわりのある部分は上手くとりいれ、楽しんでいただきました。
ご希望に沿って、あえて特別な余興は用意せず、歓談中心の会となりましたが、スナップ撮影を上手く入れたり、ケーキ入刀を中盤に持ってきたりして、間が空き過ぎることもなく、全員が新郎新婦と気楽にかかわれる和やかな時間となりました。

新婦様が是非やりたいと言っていた花嫁の手紙は「新郎様の両親にあてた手紙」でした。
あたたかく、感謝いっぱいの文面に、みんなから、温かな涙が流れました。

アットホームな家族ウエディング
リラックスした雰囲気の中で、楽しく思い通りのヘアメイク。大人婚だからこそ、ヘアメイクとお花は妥協なく、気に入ったものを選んでいただきました。

アットホームな家族ウエディング
アットホームな雰囲気で、レストラン内で人前式を行いました。義理のお父さまと腕を組んでの入場に、あらたまった気持ちになります。

アットホームな家族ウエディング
「かんぱ~い!!」 全体でこの人数の温かな食事会。ご希望通り、高砂は作らず、新郎新婦もみんなと同じ席で楽しみます。

アットホームな家族ウエディング
大好きな義理のお母さまに手をひかれて中座。実の母娘のようです。

アットホームな家族ウエディング
新婦が中座中は、新郎が友人とビールで歓談。親友たちと和気あいあいと楽しそうですね。

アットホームな家族ウエディング
ケーキ入刀を中盤で。歓談中心の会なので、中盤でケーキ入刀をするとメリハリがでますとご提案しました。

アットホームな家族ウエディング
全員集合での記念撮影。 終始、堅苦しくなく、リラックスムードでみなさんいい表情です。

アットホームな家族ウエディング
新婦から新郎のご両親への感謝の手紙の朗読の後、花束の贈呈。そう、おふたりはお母さまのうれしそうなこの顔が見たかったのです!

アットホームな家族ウエディング
新郎新婦の大親友だからこそ、共に過ごした年月があるからこそ、心から喜んでいるからこその男泣き。そばで見ていた私ももらい泣きしました。

アットホームな家族ウエディング
お見送りのときの、新婦様のこの表情とたたずまい。「アラフォーだから、ドレスは着ない」のではなく、「大人婚だからこその、感謝と優しさが内面からぎゅっと溢れ出る美しさ」があるのです。

お二人から 大和田 浩子 さんへのメッセージ

親・兄弟・親友、招待客7人だけのこじんまりした食事会を希望していました。 いわゆる派手な結婚式は苦手に思っていましたが、こんなふうにゲストと距離近く、楽しく食事会形式のプチウェディングができるなんて考えてもいませんでした。 アラフォーなので、ドレスを着るのもためらっていましたが、大和田さんが「きっと似合いますよ!!」と何度も励ましてくれ、ドレスショップに行くのが楽しくなりました。。。 新郎新婦用の席を作らずにみんなと同じテーブルの並びで、という希望や、堅苦しくなく、美味しい食事とゆったりした時間を楽しみたい、他に特別なことはいらないというスタンスを理解しださり、見事に笑顔の素敵な一日を実現してくれました! 両親や友人たちからも絶賛で、もう一度やりたいねと主人と冗談で話しています。 結婚式をするか迷っている友人がいたら「大和田さんがいるよ~」と教えてあげたいです! 矢野修平・さおり

このお客様のコーディネーター 大和田 浩子 プロフィール

どこでもウェディング.com ウェディングプランナー大和田 浩子
どこでもウェディング.com ウェディングプランナー

大和田 浩子

●2004年 接客業の経験を生かし、荻窪のビジネスホテルに料飲部門の営業職として勤務。 独学で消費者目線にたったウェディングを研究し、スタート。 ●2009年 ウェディングパークのクチコミ満足度ランキングで新宿エリア1位獲得。 ●2010年 ブライダル産業新聞に2回掲載される。 結婚式の可能性を広げるため「どこでもウェディング.com」を起業。(株)トレンダーズ女性起業塾112期MVP受賞。 ●2011年 ボランティアでの結婚式が読売新聞に掲載される。 NHK「ドラクロワ」10月14日放送で全国から大きな反響をよぶ。 ●2012年 講談社より出版「荻窪のバツイチウェディングプランナーは、泣き虫結婚仕掛人。」 どんな家族事情にも対応できると評価され、数多くの訳ありカップルのカウンセリングも行っている。 ●2013年 小説新潮に「たいようの招待状」が掲載される。 ●2014年 テレビ東京「タカトシの涙が止まらナイト」、フジテレビ「奇跡体験アンビリーバボー」出演 ●2015年 フジテレビ「とくダネ」出演 ●2016年 光文社「STORY」掲載     「ゼクシィプレミア」掲載

このお客様のリアルレポートへのお問い合わせはこちらより。 大和田 浩子へのお問い合わせになります。

ウェコでのお問合わせは全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。