ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング
カリフォルニア・ウエディング・ストーリー、Celebrations by Kiyoe 代表ローガン 清恵
ローガン 清恵さんのお客様のリアルレポート

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

ナパの葡萄をイメージさせる紫色をテーマカラーに

スポンサーリンク

サンフランシスコにお住まいの愼二郎さんと美起さん。
当初はワイナリーでの結婚式も検討されていましたが、日本から参列されるご家族のことなどを考えるとホテルのほうが良いかも...などと迷われた末、ナパにある「メリテージ・リゾート&スパ」を、おふたりで見つけ、ウエディングコーディネートのご連絡をいただきました。

「メリテージ・リゾート&スパ」は、敷地内にブドウ畑やケーブ(洞窟)があるワイナリーらしい雰囲気のホテルです。
チャペルやアウトドア・ロケーションなどがありますが、おふたりがセレモニーとレセプションパーティ会場として選ばれたのは、他にはない独特の雰囲気を持つケーブでした。

ナパの葡萄をイメージさせる紫色をテーマカラーに、可愛いパステルピンク色をアクセントとして使い、キャンドルを沢山飾ったことで、ケーブ内の広い空間が、お洒落でロマンチックな会場となりました。
一つの会場でセレモニーとパーティ両方を行うのは、セッティングの時間が非常に限られてしまうので厳しいもの。でも、ケーブで両方を行ったのは大正解でした。

結婚式では、新郎新婦のお友達が大活躍されました。
ブーケやウェルカムボード、スライドショー、カクテルパーティ用のCDなどを準備されただけでなく、美起さんやご家族のヘアメイクもお友達が担当。
そしてスライドショーでは、今回結婚式に出席できなかったお友達が歌をプレゼントされたのですが、その方の歌唱力のすごいこと。
いろいろな技術、特技を持ったお友達が協力したことにより、真のオリジナルウェディングとなりました。

結婚式では毎回何か新しいことを学びますが、今回は特にいろいろなことを学んだ気がします。
そんな結婚式のコーディネートを任せていただき、愼二郎さんと美起さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

結婚式の日のために名前入りのオリジナルハンガーをオーダー。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

花嫁衣装の大切なアイテムのひとつである靴。新婦が式の前日までたくさんのお店を回ってやっと見つけた一足。履きやすく、ドレスにも上品にマッチしてしていました。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

新郎のお友達が、ウェディングドレスのデザインに合わせて作られたブーケ。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

新婦は少し恥ずかしがっていましたが、こんなエレガントなポーズの写真が撮れました。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

可愛らしい入口と、中に広がるワインケーブの会場に惹かれて、このホテルを選んだそうです。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

ワインケーブを出てすぐ横に伸びる葡萄畑へと続く階段。ワイナリーの中はお散歩コースにもなっています。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

ゲストブックテーブルの上には、下見に付き添われたお友達が手作りされたウェルカムボードを飾りました。また同じテーブルには、バラや葡萄で飾り付けたアフタヌーンティー・スタンドやフローティングキャンドルも置きました。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

セレモニーの間は、ハープとバイオリンの二重奏による生演奏。ケーブの中に心地よい音色が響きわたりました。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

新郎入場の後に続いてリングベアラーの登場。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

続いて、フラワーガールがバージンロードに花びらを撒いて行きます。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

笑いがある和やかな雰囲気のセレモニーとなりました。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

アメリカの結婚式では定番の高級Chivari椅子を並べ、キャンドルや花びら、装花をバージンロードに沿って飾って、セレモニー会場を作りました。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

セレモニーの後は、同じケーブをレセプションパーティ会場に作り変えました。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

ラベンダー色でまとめた装飾とキャンドルで、ワインケーブはロマンチックなムードいっぱいでした。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

テーブルラウンドは、各テーブルに用意されたデキャンタグラスに新婦がミックスベリー入れ、続いて新郎がシャンパンを注ぐ、というシャンパンリレーをしました。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

ワインの生産地ナパらしく、ワインの樽をイメージしたこだわりのウェディングケーキを新婦が提案。薄い板チョコで巻き、パティシエ特製の葡萄とテーマカラーのお花などでデコレーションしました。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

結婚式の定番、ブーケトス。

ワインケーブ内でのロマンチックなウェディング

ワインケーブの上のワイン畑にて写真撮影。秋の夕日によって黄金色に色づいた葡萄の葉も素敵でした。

Photo/ Chung Li

スポンサーリンク

お二人から ローガン 清恵 さんへのメッセージ

この度は、ご相談させて頂いてから、式終了まで、大変お世話になりました。
結婚式をナパでと考えた時、アメリカでは式場を決めてから、お花の手配、会場の装飾や小物など、すべて自分たちで準備しなければいけない事を知り、式まで1年も準備期間がなかったのもあり、コーディネーターさんにお願いすることにしました。
結婚式は完璧に、そして招待したお客様すべてに楽しんでもらいたく、サンフランシスコ・エリアで活躍され、そして日本語が通じて完璧に意思疎通のできる、清惠さんにお願いすることにしました。

準備中は、自分の中でのアイディアがまとまりきれず、何度も清惠さんや、知人に相談したりしました。
また、招待状から挙式当日のペーパーアイテムなどを空いた時間を見つけては手作りして仕上げたり、わざわざ手伝いに来てくれた友人もいて、そんな周りの人達の協力があって、こんなに素敵な式を挙げることが出来たのだと、結婚式の日の事を振り返るたびに幸せな気持ちになります。

何度か面倒な相談をしたり、お返事が遅かったりと、清惠さんには沢山のご苦労とご迷惑をおかけしたことと思いますが、おかげさまで思い通りの結婚式を挙げることが出来ました。
参列していただいた多くのゲストからも、素敵な式と楽しいパーティだったというお声を沢山いただきました。
どれもこれも、清惠さんのおかげだと、夫婦ともに大変感謝しております。
本当にありがとうございました。

愼二郎&美起

このお客様のコーディネーター ローガン 清恵 プロフィール

カリフォルニア・ウエディング・ストーリー、Celebrations by Kiyoe 代表ローガン 清恵
カリフォルニア・ウエディング・ストーリー、Celebrations by Kiyoe 代表

ローガン 清恵

大阪女学院高校卒業後、ジョージア州アトランタのEmory大学でビジネス経済学を専攻し卒業。 その後、Turner Broadbcasting Systems本社にてCNNインターナショナルやカートゥーンネットワークなどのマーケティングに携わる。 同社の東京支店にマーケティングマネージャーとして赴任し、イベントプラニングを含むマーケティング活動を継続。 その後、PR代理店Edelman に転職し、数多くの企業のイベントやパーティを手がける。 1999年にナパの「オーベルジュ・ドゥ・ソレイル」で自身が結婚式を挙げ、その魅力に圧倒される。 当時、まだ日本で知らていなかったナパやソノマの魅力を日本の新郎新婦にも是非知ってもらいたく、2003年4月に「カリフォルニア・ウエディング・ストーリー」を設立。 2009年6月には、現地在住のカップルを対象とした大きな結婚式を手がける「Celebration by Kiyoe」を立ち上げる。 現在では、結婚式だけでなく企業パーティなどコーディネートも行う。

ウェコ編集部へのお問い合わせ

このリアルレポートのお問合わせはウェコ編集部へのお問合わせになります。お問合わせはもちろん全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。