大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング
カリフォルニア・ウエディング・ストーリー、Celebrations by Kiyoe 代表ローガン 清恵
ローガン 清恵さんのお客様のリアルレポート

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

アメリカで人気のラスティック・スタイルで

スポンサーリンク

新婦から初めてお問い合わせいただいたのは、去年の春。
新郎新婦共にワイン好きで、お住まいのニューヨークとご家族のいる日本との中間地点という条件から、カリフォルニア・ワインカントリーでの結婚式にご興味をもたれたとのこと。

昨年の秋には、実際に現地にお越しいただき、20軒以上ものお勧めのウエディングスポットを下見された結果、ワイナリーの雰囲気とワインの味から、ソノマの「ガンラックバンシュー」ワイナリーを選ばれました。

近年、アメリカの結婚式で人気の高いラスティック・スタイル(カントリー風)を取り入れるのが新婦のご希望でした。
テーマカラーに合わせた水色のテーブルクロスの上には、持ち込まれた白いレースのクロスを重ねたり、花瓶は手作りジャム用の容器を使ったり、アンティーク市で見つけたフレームでウェルカムボードを手作されたり...と、細かいところまでラスティック・スタイルにこだわりました。

当日、準備中はテーブルに置いておいた花瓶が飛ばされて、壊れてしまったくらいの突風が吹き、準備に少し困難しました。
それでも幸い、パーティが始まったころには風が止み、新郎新婦が思い描いていたアットホームなパーティを予定通り開くことができました。

長いようで短かったこの1年。細かいことまでいろいろとご相談いただいたことで、私も本当に楽しみながらコーディネートすることができました。
結婚式後、私個人のFacebookアカウント経由で新婦とお友達になったので、これからもまだまだ交流が続くことを願っています。

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

「ガンラックバンシュー」ワイナリーは何代にも渡って家族経営を続けているワイナリー。
こじんまりとしていて50名以下の結婚式にピッタリのお勧めスポットです。

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

こんな広大なブドウ畑を背景に、セレモニーとパーティを行いました。

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

ウエディングはセレモニーからパーティまで全てアウトドアで行ったので、小物やテーブルクロスなどは、カリフォルニアのブルースカイに合わせて水色でまとめました。 

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

ワイナリーでの結婚式らしく、ワインセレモニーを取り入れました。
二種類の異なるワインを混ぜて、二つの家族がひとつに結ばれることを象徴した儀式です。

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

ブドウ畑の横でのセレモニー。

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

セレモニーの後は、立食形式のカクテルパーティ・タイム。
一口サイズのオードブルと美味しいワインを沢山召し上がっていただきました。

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

ブドウ畑の中での写真撮影は、ワイナリーならでは。

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

「ガンラックバンシュー」ワイナリーのテイスティングルームは立派な石造りで重厚な雰囲気があります。

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

アメリカでは「スイートハートテーブル」と呼ばれる新郎新婦席。
「Bride & Groom」というフレームもアンティークです。

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

ゲストへのフェイバー(プチギフト)は、ナパ・ソープカンパニーの石鹸。
メニューカードやテーブル番号と同じデザインで作ったタグを付けました。

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

アメリカの結婚式では1段のケーキやフルーツでデコレーションしたケーキは滅多に見かけません。この結婚式でも、大きなダリアのお花で飾った2段のケーキを用意しました。

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

お二人が吟味して選んだワインと、ケータリング会社が臨時キッチンを設置して作った温かいお料理で、会話も弾みました。お料理の質の高さには新郎新婦も感心されていらっしゃいました。

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

アウトドアのパーティの場合、インテリアがないので寂しくなってしまうこともありますが、新婦のご提案で取り付けたランタンがパーティ会場に華やかさを加え、楽しさを盛り上げてくれた気がします。

大自然に囲まれたアットホームなワイナリーウェディング

この長く続くワインケーブが、このワイナリーに決めた理由のひとつだったとか。

Photographer/Lexi Graphics

スポンサーリンク

お二人から ローガン 清恵 さんへのメッセージ

金曜日の結婚式では、準備の時から何から何までお世話になり、本当にありがとうございました。
清惠さんのサポートがあって、とても楽しくできることができました!

持ち込みの制限がほとんどないため、いろいろな物を持ち込むことができ、自分たちの思い描いた通りにすることができたのが嬉しかったです。
当日は緊張していたので、装飾をちゃんと見ることができませんでしたが、写真を見るたびに、つくづく結婚式をやって良かったと思います。

仕事との両立は大変でしたが、とても素敵な結婚パーティになり、ゲストにも非常に喜んでもらえたので、いい思い出になりました。
時間があっという間に経ってしまい、あのまま時間が止まってくれればいいのに、、、と退場の時、少し寂しく感じたくらいです。

またソノマを訪れたいと思っていますので、宜しくお願いいたします。

秀一&佳美

このお客様のコーディネーター ローガン 清恵 プロフィール

カリフォルニア・ウエディング・ストーリー、Celebrations by Kiyoe 代表ローガン 清恵
カリフォルニア・ウエディング・ストーリー、Celebrations by Kiyoe 代表

ローガン 清恵

大阪女学院高校卒業後、ジョージア州アトランタのEmory大学でビジネス経済学を専攻し卒業。 その後、Turner Broadbcasting Systems本社にてCNNインターナショナルやカートゥーンネットワークなどのマーケティングに携わる。 同社の東京支店にマーケティングマネージャーとして赴任し、イベントプラニングを含むマーケティング活動を継続。 その後、PR代理店Edelman に転職し、数多くの企業のイベントやパーティを手がける。 1999年にナパの「オーベルジュ・ドゥ・ソレイル」で自身が結婚式を挙げ、その魅力に圧倒される。 当時、まだ日本で知らていなかったナパやソノマの魅力を日本の新郎新婦にも是非知ってもらいたく、2003年4月に「カリフォルニア・ウエディング・ストーリー」を設立。 2009年6月には、現地在住のカップルを対象とした大きな結婚式を手がける「Celebration by Kiyoe」を立ち上げる。 現在では、結婚式だけでなく企業パーティなどコーディネートも行う。

ウェコ編集部へのお問い合わせ

このリアルレポートのお問合わせはウェコ編集部へのお問合わせになります。お問合わせはもちろん全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。