お互いの出身地で叶えたウエディング
株式会社オフィース・マリアージュ ブライダルプロデューサー亀﨑 恵子
亀﨑 恵子さんのお客様のリアルレポート

お互いの出身地で叶えたウエディング

秋田らしいなまはげ人前式・東京では神社&老舗料亭で

スポンサーリンク

お互いの出身地で結婚式を挙げたいとご希望のお二人。

まずは、ご新婦様のご実家がある秋田県でのご結婚式です。
ご新婦のご出身地である男鹿真山は、「なまはげ」発祥の地。

小さい頃からお世話になっている親しい方々をお招きしてこの土地ならではの結婚式を行いたいというご希望を実現するため“なまはげウエディング”をお手伝いさせていただきました。

会場は、親戚の方が営んでいる旅館を貸切り、ゆったりと温泉に入っていただきながら宿泊を兼ねたご結婚式を行ないました。

ご新婦様と一緒に、秋田県にある旅館へ下見に伺わせていただき、その後はなまはげさんについてのお勉強をするため、なまはげの資料館へ行き、歴史と習俗を勉強させていただきました。

人前式の中で、なまはげさんをお迎えし、「なまはげ人前式」を行なうことをご提案させていただきました。

大晦日に行なわれる男鹿真山のなまはげのしきたりを組み込んだオリジナル人前式。
なまはげさんは、会場に入ってまず7回シコを踏み、会場中を歩き回り、御膳を前に5回シコを踏んでお父様の前に座って、問答を繰り返します。
新郎新婦の末永い幸せを祈願し、おふたりへも問答を繰り返し、3回シコを踏んで立ち上がり退室。

この土地ならではの人前式となりました。

挙式後、ご披露宴の前に、ゲストの皆様には温泉に入っていただき、新郎新婦からプレゼントされたお揃いのオリジナルパーカーを着て集合していただきました。

秋田の地酒「太平山」の鏡開きで会食会がスタートし、秋田ならではの「きりたんぽ鍋」などお食事をゆったりとお楽しみいただきながら、なまはげさんが包丁と手桶を持って登場し、「なまはげの舞」を披露。

お色直しでは、新郎新婦もお揃いのパーカーに着替えて登場し、おふたりもゲストの皆様もゆったりとおくつろぎいただきながらの温かい雰囲気のウエディングとなりました。

春には、ご新郎様のご実家のある首都圏でのご結婚式を行うこととなりました。

親しいご親戚の皆様をお招きして古き良き和の伝統を重んじるご結婚式を実現するため、
明治神宮で神前式を行い、その後、老舗料亭「新ばし 金田中」にてご披露宴を行いました。

ご新郎様のご実家の裏庭には、竹林があり、竹を豊富に使用することが可能でしたので、料亭の玄関には、竹を斜めに切った中にロウソクの火を灯した「竹明かり」を飾ってお迎えし、披露宴では、「竹とっくり」と「竹おちょこ」を用意して乾杯をすることをご提案させていただきました。

お色直しは、ご新郎様がご新婦様へ贈られた訪問着にお着替えになられ、獅子舞と大黒様に先導されながら再入場。
そして、老舗料亭のお料理の締めくくりには、ご新郎様の家紋である「柏の葉」を使用した柏餅を用意致しました。

和の伝統を感じられる中、ぬくもりのある素敵なご披露宴となりました。

お互いのご出身地で行うご結婚式は、準備が倍必要となりますが、
喜びや感動は、それ以上に感じることが出来、素敵な思い出もたくさん出来たことと思います。

一緒に下見へうかがわせていただいたり、ご自宅でお打合せを行わせていただいたり、 楽しい準備期間を一緒に過ごさせていただき、私にとっても宝物のような思い出の時間となりました。

<新婦の出身地で>

お互いの出身地で叶えたウエディング

ご新婦様のご実家のある秋田県男鹿市の旅館にてなまはげウエディング

お互いの出身地で叶えたウエディング

なまはげ人前式。なまはげさんに酒肴をすすめる新婦のお父様。

お互いの出身地で叶えたウエディング

「この男に娘を託すか?」など、なまはげさんと問答を繰り返す。

お互いの出身地で叶えたウエディング

挙式後、ゲストの皆様には温泉にお入りいただき、新郎新婦が用意したお揃いのパーカーに着替えてご披露宴。
会場のお花は、地元のお花屋さんにご協力いただきました。

お互いの出身地で叶えたウエディング

秋田の銘酒「太平山」で鏡開き。

お互いの出身地で叶えたウエディング

手桶と包丁を持って、なまはげの舞が披露されました。

お互いの出身地で叶えたウエディング

新郎新婦もパーカーにお色直し。温かい雰囲気の中お開きとなりました。

<新郎の出身地で>

お互いの出身地で叶えたウエディング

ご新郎様のご実家がある首都圏でのご結婚式。ホテルのお部屋でお支度をして、明治神宮にて挙式。
ゲストの皆様全員にタクシーをご用意し、披露宴会場となる料亭へご移動。

お互いの出身地で叶えたウエディング

ご新郎様のご実家の裏庭にある竹林の竹で作った「竹とっくり」と「竹おちょこ」。

お互いの出身地で叶えたウエディング

華やかに和牛の塩釜開き。
老舗料亭のお料理をゆっくりとお召し上がりいただくご披露宴は、ゲストの皆様にもお喜びいただけました。

お互いの出身地で叶えたウエディング

「新ばし 金田中」の竹林にて記念撮影。桜の季節にぴったりの桜柄の色打掛が大変お似合いです。

お互いの出身地で叶えたウエディング

日本の伝統芸「獅子舞」でおもてなし。大黒様よりゲストの皆様全員へ御寶銭が配られました。

お互いの出身地で叶えたウエディング

お色直しは、ご新郎様から贈られた訪問着にお着替えされたご新婦様。
獅子舞と大黒様の先導で再入場されました。

お互いの出身地で叶えたウエディング

ゲスト全員へ「竹とっくり」でお酌をしてご挨拶。お二人は、お色直しのお着物のまま、ご出発されました。料亭の玄関に飾った「竹明かり」は、後日、ご自宅で飾られ、お身内でパーティーをなさったそうです。

スポンサーリンク

お二人から 亀﨑 恵子 さんへのメッセージ

「主人が横浜。私が秋田出身の為、挙式披露宴は二回行いたいのです」。 初めて訪れたオフィース・マリアージュで伝えたひとつの願い。 その願いは担当の亀﨑さんが、想像をはるかに超えるプロデュース力であっという間に叶えてくださいました。 まず先に行ったのが秋田での挙式披露宴。なまはげの前で誓う人前式から始まり、出席者全員に配ったお揃いのパーカーを着ての披露宴。温泉旅館に一泊して行うスタイルは皆さんにとても喜ばれ、数年経った今でも話題に出るほどです。 翌年は、憧れていた明治神宮で挙式し、金田中での厳かな披露宴をプロデュースして頂きました。 いずれも衣装合わせから会場の飾りつけ、そして挙式前の不安定な私の心のケアまで亀﨑さんはしてくださいました。 披露宴が終わるまで、ずっと見守ってくださった事。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 主人と私は、亀﨑さんがかけてくれた幸せの魔法を一生大事にしていきたいと思います。 鈴木 房五郎・容子

このお客様のコーディネーター 亀﨑 恵子 プロフィール

株式会社オフィース・マリアージュ ブライダルプロデューサー亀﨑 恵子
株式会社オフィース・マリアージュ ブライダルプロデューサー

亀﨑 恵子

リゾートホテルの料飲課に4年勤務をする中で、ウエディングプランナーの仕事を経験。 専門的な知識を身につけるため、2000年にオフィース・マリアージュプライベートスクールへ入塾。 ブライダルプランナーコース・ブライダルコーディネーターコースを卒塾後、オフィース・マリアージュへ入社。 アシスタント業務を経て、挙式(キリスト教式・人前式)のプロデューサー、挙式・披露宴のアテンダー、神前式介添え、トータルプロデューサー(プランニング~当日の施行まで)を担当。 オリジナルウエディング、リゾートウエディング、料亭ウエディングをはじめ、芸能関係のシークレットなウエディングなども担当。 新郎新婦へ結婚式当日の立ち居振る舞いを教えるプレウエディングレッスンの講師も経験。

ウェコ編集部へのお問い合わせ

このリアルレポートのお問合わせはウェコ編集部へのお問合わせになります。お問合わせはもちろん全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。