茅葺き屋根の古民家で伝統的な祝言式
タエ コーポレーション 代表 フリーウエディングプランナー古橋 多恵子
古橋 多恵子さんのお客様のリアルレポート

茅葺き屋根の古民家で伝統的な祝言式

小平市が保存する文化財の古民家で、地域の伝統的な婚礼儀式を再現する「小平ふるさと村 結婚式」

4年前から行っている「小平ふるさと村結婚式」は、昭和30年代の祝言式を再現した結婚式です。おふたりが希望されていた「素朴でありながら思い出に残る結婚式」を新郎が育った小平市にある古民家で実現しました。

花嫁行列や、「火わたり」の儀式、司会と仲人による祝言式では、雄蝶雌蝶の子供が御神酒を注ぎ三三九度を行います。祝宴は料亭の仕出しの御膳料理、〆には小平うどん。「嫁のお茶出し」は市の方たちが割烹着でお手伝いしました。
余興では郷土芸能「鈴木ばやし」のお囃子や獅子舞が登場。

地元特産物を引出物にするなど、地域文化に根差した結婚式をプロデュースしました。

茅葺き屋根の古民家で伝統的な祝言式

和装は似合わないと思っていた新婦。いつもとはまるで違う白無垢の花嫁姿に変身し、気持ちが高まります。

茅葺き屋根の古民家で伝統的な祝言式

白無垢・紋服姿の新郎新婦と親族で会場へ花嫁行列。

茅葺き屋根の古民家で伝統的な祝言式

昔から残るこの地域に残る風習、「火わたり」の儀式を古民家の入り口で行いました。

茅葺き屋根の古民家で伝統的な祝言式

茅葺き屋根の古民家で伝統的な祝言式

祝言式では、雄蝶・雌蝶役の甥っ子と姪っ子が御神酒を注ぎ三三九度を行います。

茅葺き屋根の古民家で伝統的な祝言式

茅葺き屋根の古民家で伝統的な祝言式

市長からの祝辞もあり、祝膳を囲んでの和やかな祝宴に。

茅葺き屋根の古民家で伝統的な祝言式

茅葺き屋根の古民家で伝統的な祝言式

余興では、郷土芸能の「鈴木ばやし」のお囃子や獅子舞が登場。
おめでたい雰囲気を盛り上げます!

茅葺き屋根の古民家で伝統的な祝言式

茅葺き屋根の古民家で伝統的な祝言式

両家親族もこの特別な場所での伝統的な結婚式を楽しんでいらっしゃいました。

おふたりからのメッセージ

「小平ふるさと村結婚式」に応募した理由は、新郎の生まれ育った小平市の古民家で素朴で思い出に残る結婚式ができること。司会者も小平市出身の落語家さんであったり、市の文化財であるお囃子や獅子舞が披露され、宴席では「小平糧うどん」がでるなど面白い企画だと思い、応募しました。
「昭和30年代の自宅結婚式の再現」というコンセプトは私たちが望んでいた素朴な結婚式。古橋多恵子さんには、式の招待状の文例、仲人挨拶の文例、新郎挨拶のアドバイスもしていただきました。
招待状は手作りで。この結婚式の主旨や一般公開されることなどを書き添え、会場となる「小平ふるさと村」の資料等を同封して気分を盛り上げる工夫をしてみました。
引出物も地元にこだわり、市の特産品であるブルーベリーを使った地ビールと、小平市に点在する懐かしい丸ポストの缶入り狭山茶を用意しました。
挙式は、白無垢・綿帽子姿での花嫁行列、甥っ子姪っ子にも儀式に参加してもらいました。和装は似合わないかと思っていましたが、いざ綺麗にお化粧してもらい花嫁姿になると普段とは違う自分になれ、夢のひとときに。たくさんの観光客、近隣の方々に見守っていただき、様々な儀式・演目を共に楽しむことができました。参列した親族からも「良いお式だった。楽しかった」と嬉しいお言葉をいただきました。また、「式を挙げない」と言っていただけに、両親の喜びようがひとしおでした。
たくさんの方々に祝福され、幸せなひとときでした。
ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。
久保貴司・貴子

このお客様のコーディネーター 古橋 多恵子 プロフィール

タエ コーポレーション 代表 フリーウエディングプランナー古橋 多恵子
タエ コーポレーション 代表 フリーウエディングプランナー

古橋 多恵子

4歳からオルガン~ピアノを習い始め、その後スウィンギージャズオーケストラに入団。 ヤマハ中部ジャズ大会にてグランプリを受賞。 1990年 東京に移り住み、司会業の仕事を本格的に開始。プレゼン映画MC、ブライダル司会、各企業の司会の仕事に携わる。 2002年 司会経験を生かした司会者育成や美容院のプロデュース立ち上げのサポートも手掛ける。また、新しい結婚式のプロデューススタイルでBSテレビにも出演。 2010年からは、東京都町田市および小平市の地域振興の一環として、行政が行う結婚式の企画・運営を行い、「街おこし」地域活性化プランナーとしても活動中。 また、2016年創刊ゼクシィスパークにも取り上げられた「合同結婚式」のプランニングでも注目を浴びる。 形にとらわれない自由な発想で作る結婚式を得意とし、幅広くコーディネートを行っている。経験を生かした母のような目線での温かいサポートが新郎新婦から好評。 「挙式後にいただくおふたりからの感謝のメッセージは何にも代え難い一生の宝物。」と語る。

このお客様のリアルレポートへのお問い合わせはこちらより。 古橋 多恵子へのお問い合わせになります。

ウェコでのお問合わせは全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。