桜咲く春の結婚式
タエ コーポレーション 代表 フリーウエディングプランナー古橋 多恵子
古橋 多恵子さんのお客様のリアルレポート

桜咲く春の結婚式

ゲストの協力でブーケに思いをのせて

桜咲く、鎌倉の隠れ家にて
人前式&手作りアイテムにもこだわって・・・。
北鎌倉のフレンチレストラン「プランデルブ」でのウエディング。

桜が満開の春の季節。ロケーション撮影の後に、ガーデンで人前式を行いました。

ゲストの皆様に楽しんでいただくことをテーマに、アイテムを手作りし、参加型の演出を設けるなど、きめ細かなおもてなしの心が満載のウエディングパーティでした。

アルバムも作ったお二人。最初のページは二人の赤ちゃんの時の写真から始まっていますが、なんと、それぞれのかわいい手に赤い糸を握らせているのです。
次のページにも、二人の歴史をつづりながら、出会い、結婚するまで、ずっと赤い糸でつながっています。
ラストの写真には二人のショットに赤い糸のハートが飾られていました。

今は赤ちゃんにも恵まれたお二人。
年賀状はかわいいBabyと一緒に写っている写真付きでした。

結婚式後も、ご家族の幸せの近況がいただける…。プランナーとして最高の幸せです。

桜咲く春の結婚式

支度を終えたお二人は、レストランの外に出てロケーション撮影。
桜が満開の4月2日。道行く車や歩く方からも、お祝いの言葉をいただきました。
晴れてよかった!

桜咲く春の結婚式

お席札はチョウチョでした。1枚1枚、はさみやカッターで作成したお二人。
中を開くとメッセージがびっしり。心を込めて作りました。

桜咲く春の結婚式

乾杯のシャンパングラスに挟みましたので、お花畑にたくさんの蝶が停まっているような感じに。
装花も白・グリーン・黄色・オレンジ淡いピンクで、フワーっと会場を包んでいていました。

桜咲く春の結婚式

人前式は、まず古来ヨーロッパから伝わる、ブーケ、ブートニアの儀式でオープニングを飾りました。
ゲスト一人ひとりからお花を受け取り、ブーケにして新婦にプロポーズをします。
ゲストも参加型の挙式で、一人ひとりの顔を見ながら手渡して頂くのは感動しますね。

桜咲く春の結婚式

新婦は3姉妹の末っ子。
お姉様二人にエスコートしていただき入場しました。
芝生の上のバージンロードをしっかりと手を添えて1歩1歩、新郎の下に歩みます。

桜咲く春の結婚式

ブーケ、ブートニアの儀式です。 
鎌倉の隠れ家のような知る人ぞ知るレストランです。
住宅街の中にありますから、お庭で大きな音はNG。

新郎新婦は生声でプロポーズしました。
(結婚してください!!!)
とてもカッコよい新郎で、ご友人から「ヒューヒュー」!

桜咲く春の結婚式

挙式を終え、フラワーシャワーで退場。
花びらも、ブーケの色合いと同じものをご用意。
高校の同級生だったお二人。
もちろんその頃もとても可愛かった、とお話しされた新郎。
照れずに彼女をしっかり支える姿が本当にほほえましかったです。

桜咲く春の結婚式

乾杯のシャンパンは新郎の大学時代のご友人たちに抜栓していただきました。
シャンパンの数が足りないので、残りの方はシャンパン型の大きなクラッカーを持っていただき、「ウェディングケーキご入刀です!」の声と共に、金のテープが舞いました。
ご友人には内緒でしたから、かなり盛り上がりましたよ。

桜咲く春の結婚式

お母様から、サンクスバイト。
スプーンではなく、おしゃもじで・・・。
大きな口でないと入らなかったですが、頑張りました。
出番の少ない両家のお母様に注目が集まるシーンを演出してみました。

桜咲く春の結婚式

お母様の後は、お二人のファーストバイを特大すぎる木のスプーンで!!
ゲストもさすがにビックリで、シャッターの音が途切れなかったですね。

桜咲く春の結婚式

各テーブルを回りながらゲストのご紹介。
新婦もマイクを持って、ご友人やご親族を紹介し、紹介したグループ毎に新郎新婦を囲んで写真撮影。
挙式の時に皆様から頂いたお花を持つ新婦の笑顔は最高でした。

桜咲く春の結婚式

お色直しはピンク系のプリンセスドレスです。
とにかくお花にこだわった新婦ですが、思ったより予算がかかってしまいました。

ブーケは持たなくても…とお話しされたので、プランナーからリストレットをプレゼント。
当日お支度の時に、そっと手渡したときの新婦の嬉しそうな顔は今でも思い出します。

桜咲く春の結婚式

披露宴を終えて、お部屋での撮影を少し。

ゲストのことを考え、どうすれば楽しんでいただけるかを真剣に考え手作りできるところはしっかり頑張り、細部にわたってきめ細やかな気配りのできる新婦でした。

そんな新婦を、優しく包む新郎にベストカップルとスタッフからも!!
帰りには、お二人からワインのプレゼントをいただき慰労と感謝の言葉もいただきました。
プチギフトは二人の写真を貼ったフリスクを皆様に。

いつも感動しますが、結婚式って本当にいいものです。

お二人から 古橋 多恵子 さんへのメッセージ

おかげさまで、幸せいっぱいの結婚式を挙げることができました。

ドレスショップに一緒に来ていただいたり、打ち合わせも私たちの最寄り駅まで来てくださって、

的確なアドバイスをもらい、心強かったです。

タエさんたちの一生懸命なサポートには本当に感謝しています

こだわりもあり、準備は大変でした。(特にチョウチョの席札作り)

でも、自分たちがしたかった結婚式になりました。ありがとうございました。

赤羽 徹也・明日香

このお客様のコーディネーター 古橋 多恵子 プロフィール

タエ コーポレーション 代表 フリーウエディングプランナー古橋 多恵子
タエ コーポレーション 代表 フリーウエディングプランナー

古橋 多恵子

4歳からオルガン~ピアノを習い始め、その後スウィンギージャズオーケストラに入団。 ヤマハ中部ジャズ大会にてグランプリを受賞。 1990年 東京に移り住み、司会業の仕事を本格的に開始。プレゼン映画MC、ブライダル司会、各企業の司会の仕事に携わる。 2002年 司会経験を生かした司会者育成や美容院のプロデュース立ち上げのサポートも手掛ける。また、新しい結婚式のプロデューススタイルでBSテレビにも出演。 2010年からは、東京都町田市および小平市の地域振興の一環として、行政が行う結婚式の企画・運営を行い、「街おこし」地域活性化プランナーとしても活動中。 また、2016年創刊ゼクシィスパークにも取り上げられた「合同結婚式」のプランニングでも注目を浴びる。 形にとらわれない自由な発想で作る結婚式を得意とし、幅広くコーディネートを行っている。経験を生かした母のような目線での温かいサポートが新郎新婦から好評。 「挙式後にいただくおふたりからの感謝のメッセージは何にも代え難い一生の宝物。」と語る。

このお客様のリアルレポートへのお問い合わせはこちらより。 古橋 多恵子へのお問い合わせになります。

ウェコでのお問合わせは全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。