フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ
アメリカンウェディング&イベンツ株式会社 ウェディング&イベントデザイナーAyame
Ayameさんのお客様のリアルレポート

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

コンセプトは人と人との繋がり

スポンサーリンク

新緑が香る5月に都内でレストランウエディングをされたお二人のレポートを、ご紹介します。

Ayameをご指名くださったきっかけは3年前。

ご新婦・里恵さんのお姉様夫婦のウエディングをプロデュースさせていただいたこと。

ご親族として出席された里恵さんは、そのパーティにとても感激してくださったそうで、「ぜひ、自分の結婚式もプロデュースして欲しい!」とおっしゃって頂きました。

Ayame流のアメリカンスタイルウエディングをゲストとして体験され、その世界観をご理解いただいた上でのご指名でしたのでとてもスムーズにプランニングを進めることができました。

ご家族やご友人との人間関係を大切に思っていらっしゃるお二人は、結婚式のコンセプトを“人と人との繋がり”とし、「縁(円)=丸いもの」「絆を結ぶ=リボン」などのテーマをアイテムに盛り込みました。

テーマカラーは季節に合わせ「グリーン&ライラックカラー」、会場装花や引出物・両親への記念品まで、全てトータルコーディネート。

ペーパーアイテム(招待状と当日のプログラム)も、特別にフルオーダーして制作したこだわりの作品です。

挙式の和装やパーティのウエディングドレスなど衣装やスタイリングも、もちろんお二人のイメージに合わせてご提案し、一緒にセレクトしました。

当日のパーティは、大勢お集まりいただいたゲストの皆様やご両親とのふれあいのある温かな雰囲気の中で。

外国人楽団の演奏やサプライズプレゼントなど、笑顔溢れる和やかな時間となり、期待以上にリラックスして、ゲストと共に楽しんで頂けたようです。

二次会でも終始ゲストへの心尽くしの気持ちを忘れなかったお二人の、幸せいっぱいのウエディングをご覧下さい。

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

乃木神社での神前挙式 支度中からリラックスしていたので表情もステキ。

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

コンセプトでもある、人との繋がりをイメージにした『丸いもの=アイテム』と『結ぶ=リボン』を、随所にあしらいました。ウェルカムリースはエレベーターを降り一番先に目がいく場所に。

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

招待状と同じモチーフで、プログラム(ご挨拶・席次表・メニュー表・新居案内)をオーダー。

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

5月の季節ならではのお花を使おうと、『ライラック』を使用。テーブル札ももちろんコンセプトに合わせてフルオーダー。

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

引出物のラッピングも『グリーン&ラベンダーカラー』のテーマカラーで統一。

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

オリジナルカードにメッセージを記入し、ボトルに入れるゲスト。完成時はとってもステキなコーディネートになりました。

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

新郎&新婦の入場は外国人の楽団演奏の先導で・・・。

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

招待客が増えてしまい、お二人のスウィートハートテーブルとゲストテーブルの間は10cmも空けられなくなりましたが、結果ゲストと近い距離になってこんな素敵な乾杯シーンも・・・。

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

プランナーからのサプライズ!楽団のメロディーに乗せて、オーソーレミオを一曲披露!

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

ネームカードを胸に付けたおふたり。ゲストはもちろんスタッフも全員ネームカードを付けました。

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

新郎からのサプライズ!テーマ&コンセプトに合わせて内緒で用意した『ハピネスシューズ』。挙式後にも使えるアイテムを当日花嫁が身に付けることは欧米ではマストなこと!

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

楽団からのサプライズで、花嫁と花嫁の父のラストダンス!最初は照れていましたが、曲も中盤になると、涙、涙のダンスシーンに・・・。

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

2次会へはリムンジンで。新郎のエスコートで登場!

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

2次会での余興『どれだけふたりのこと知ってるの?』ゲームの優勝グループの似顔絵を持って。

フランスの田舎町の爽やかガーデンがテーマ

2次会は、完全にホスト&ホステス役に徹したおふたり!

スポンサーリンク

お二人から Ayame さんへのメッセージ

義理の兄が経営するお台場のイタリアンレストランでAyameさんプロデュースのもと姉夫婦のウエディングパーティが開かれたのが3年前のこと。親族として参加していた私はそのパーティの素晴らしさの虜になり、私の結婚式も絶対Ayameさんにプロデュースをお願いする!!と宣言しました。

ここの会場でと言うよりも「こんなシチュエーションでこんな雰囲気にしたい」と漠然とした私のイメージを伝えることから始まった打ち合わせですが、そこはAyameさんのフリーならではの制限のない広いネットワークのお陰で、会場デザインや装花、ドレス選び、引き出物まで本当に大満足な思い出の一日になりました。

何よりも不安な事をすぐに相談でき的確なアドバイスをくださる存在がとても助けになりました。本当に感謝しています。二人とも今、「出来る事ならもう一度Ayameさんにお願いして結婚式がしたい!」と思っているくらいです!!

小澤 俊正・里恵

このお客様のコーディネーター Ayame プロフィール

アメリカンウェディング&イベンツ株式会社 ウェディング&イベントデザイナーAyame
アメリカンウェディング&イベンツ株式会社 ウェディング&イベントデザイナー

Ayame

これまでに1000組以上をプロデュースするフリーランスのウェディング&イベントデザイナー。 『洋書の世界観』を具現化するウェディング&イベントデザインーの知識を、パーティの本場アメリカで学び2008年に独立。 芸能人やこだわりあるカップル・企業からの指名を受け、世界中からセレクトしたアイテムで、エリアを問わずこだわりぬいたプランニングと空間デコレーションを数多く手掛ける。ドレススタイリスト・ゲストハウス・プロデュース会社の経験と業界外の幅広い人脈を生かし、デザイン開発や国内・海外セミナーも開催。現在もLAと日本をベースに活動中。

ウェコ編集部へのお問い合わせ

このリアルレポートのお問合わせはウェコ編集部へのお問合わせになります。お問合わせはもちろん全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。