横山 宗生「誰も教えてくれなかったオーダータキシードの選び方」
タキシード アトリエ ロッソネロ 代表&デザイナー横山 宗生
横山 宗生さんのお客様のリアルレポート

横山 宗生「誰も教えてくれなかったオーダータキシードの選び方」

タキシード アトリエ ロッソネロ 代表&デザイナー

ここ数年、やっと日本でも結婚式やフォーマルシーンでオーダータキシードを購入する方が増えてきました。
最近では、結婚式のご新郎だけでなく、ゲストの方もタキシードを着て列席することも増え、結婚式以外のパーティー用としても購入する方が増えてきたのは嬉しいことです。

【多彩なバリエーションが選べる楽しみ】

タキシードは、ウエディングドレスや会場の雰囲気やコンセプトなどTPOに合わせて様々なバリエーションから選ぶことができます。
まずは、どれくらいの選択肢があるのかイメージしていただくため、『タキシードアトリエ ロッソネロ』のラインナップの一部をご紹介します。

▼ CLASSIC FORMAL STYLE(クラシック フォーマルスタイル)

横山 宗生「誰も教えてくれなかったオーダータキシードの選び方」

▼ WEDDING STYLE(ウエディングスタイル)

横山 宗生「誰も教えてくれなかったオーダータキシードの選び方」

▼ FORMAL STYLE(フォーマルスタイル)

横山 宗生「誰も教えてくれなかったオーダータキシードの選び方」

▼ PARTY STYLE(パーティスタイル)

横山 宗生「誰も教えてくれなかったオーダータキシードの選び方」

▼ MODERN STYLE(モダンスタイル)

横山 宗生「誰も教えてくれなかったオーダータキシードの選び方」

▼ JACKET&PANTS(ジャケット&パンツ スタイル)

横山 宗生「誰も教えてくれなかったオーダータキシードの選び方」

▼ RESORT STYLE(リゾートスタイル)

横山 宗生「誰も教えてくれなかったオーダータキシードの選び方」

▼ ELEGANT STYLE(エレガントスタイル)

横山 宗生「誰も教えてくれなかったオーダータキシードの選び方」

▼ STYLSH STYLE(スタイリッシュスタイル)

横山 宗生「誰も教えてくれなかったオーダータキシードの選び方」

【オーダータキシードショップが増えた理由】

オーダータキシードが注目されてきた理由は
① レンタルタキシードと価格がそれほど変わらないこと
② レンタルタキシードにお洒落なタキシードが少ないこと
③ ご新郎自身がお洒落に敏感になってきたこと
④ タキシードを着る機会が増えてきたこと
などがあげられます。

では、どのようなオーダータキシードショップを選べばよいのでしょうか?
以下のようなチェックポイントで善し悪しを判断することをおすすめします。

【良いオーダータキシードショップのチェックポイント】

①タキシードのサンプルが多い
オーダーメイドは出来上がるまでは手に取ることができませんが、一生に一度の結婚式に失敗はできません。イメージと相違が無いように、できるだけ多くのサンプルを試着する、できれば5~10着の試着がおすすめ。着れば着るほどタキシード姿が馴染んできます。

②ベストやタイ、シャツ、靴などの小物が多い
タキシードは、小物とのコーディネートが重要です。ベストやタイ、靴など小物の種類が多いお店を選びましょう。お色直しの為のベストや小物がタキシードを引き立てます。

③フォーマルタキシードの知識が豊富
フォーマルタキシードの知識が多いお店でないと間違った着方をして恥をかくことがあります。(フォーマルスペシャリストの資格を持っているお店がおすすめです)

④ ブライダルタキシードの知識が豊富
ブライダルタキシード(セレモニースーツ)はフォーマルタキシードと明らかに違います。ブライダルタキシードの知識のないお店は、華やかで光沢のある生地や着丈の長いものばかりすすめる傾向があります。

⑤タキシードのサンプルや写真にもこだわっている
しっかりとタキシード創りをしているお店は、新作タキシードの製作や写真撮影にもこだわっています。イメージの湧きにくいオーダータキシードだからこそ、出来上がりのイメージが湧きやすいサンプルの多いお店がおすすめです。

【こんなオーダータキシードショップはご注意を】

オーダースーツ屋が、スーツが売れないのでタキシード店に業態変更したり、本当はオーダースーツ屋なのにタキシード専門店と名乗っているお店が増加しています。気をつけましょう。

①タキシードのサンプルが少ない
典型的なオーダースーツ屋さんからの移行型です。タキシード作りに失敗しないためには、ご新郎様の為にサンプルをしっかりと作っているお店でタキシードは選びましょう。

②ベストやタイ、シャツ・靴などの小物が少ない
タキシードと同じくオーダースーツ屋さんからの移行型に多いパターン。特にベスト(ジレ)の種類が少ないお店は、タキシードと同じスーツ生地でベストを作ることを薦められます。(注:スーツっぽくなります)
また、最近はボウタイ(蝶ネクタイ)が流行っていますので、蝶ネクタイの種類も要チェックです。タキシードは小物のコーディネートがとても重要ですので、小物の豊富なお店で選びましょう。

③フォーマルタキシードの知識が乏しい
フォーマルタキシードには、世界共通のルールがあります。最近、フォーマルタキシードを着る方が増える一方で、間違った着方をしていることをよく目にします。結婚式に恥をかかないように信頼できるお店を選びましょう。

④ブライダルタキシードの知識が少ない
オーダースーツ店では、ブライダル業界のことを知らないので見よう見まねで光沢のありすぎるものや着丈の長いタキシードばかりを薦めます。ブライダルタキシードにも流行やルールがありますのでご注意を。

⑤スーツにリメイクできるこを強調する
私は16年前からスーツにリメイクできるタキシードを販売してきました。しかし、今は世界的にも日本の流行的にもショートタキシードが主流となり、スーツにリメイクできるタキシードはほとんど作らなくなりました。スーツにリメイクできることをおすすめしている店は流行を知りません。

⑥生地の良さばかりの話をする
生地の良さは、タキシード創りの中でとても重要です。しかし、結婚式のタキシードは生地以外にもデザインやコーディネート、購入した後の着こなし方も重要。ちゃんとアドバイスしてもらえるお店で選ぶようにしましょう。

日本人も結婚の機会にMYタキシードを1着持ち、TPOに合わせてライフスタイルを楽しんでいただきたいと心から願っています。

このお客様のコーディネーター 横山 宗生 プロフィール

タキシード アトリエ ロッソネロ 代表&デザイナー横山 宗生
タキシード アトリエ ロッソネロ 代表&デザイナー

横山 宗生

1972年、香川県生まれ。 多数のマスコミにも出演しているメンズフォーマル・タキシードのスペシャリスト。 南青山にて芸能人・スタイリスト御用達のタキシード専門店【Tuxedo Atelier RossoNero】の代表を務める。 フォーマルスペシャリスト ゴールドライセンスの資格を持ち、ファッションビューティ専門学校やイメージコンサルタントスクール・婚活大学などの講師も行う。 毎年イタリアやスペインで開催されるブライダルコレクション「SposaItalia」「NoviaEspana」等に赴き、最新のフォーマル・タキシードのトレンドを学んでいる。 大学卒業後、大手アパレルメーカーに約3年間勤め、1カ月間ヨーロッパ8カ国を一人旅する。その後、家業のフルオーダーメイドの縫製工場に入社。 現在は『日本のメンズフォーマルウェア・ブライダルタキシードを変革する』をモットーに、全国にオリジナルのフォーマルウェア・タキシードを提供。 フォーマルウェア、ブライダル衣裳、スーツ業界の全ての分野の知識と経験を持つ、日本を代表するメンズフォーマルウェアのスペシャリストとして注目される。 【メディア】 「賢者.TV」、「The PROFESSIONAL WEDDING」他、多くのメディアにフォーマルウェア・タキシードの専門家として出演。

このお客様のリアルレポートへのお問い合わせはこちらより。 横山 宗生へのお問い合わせになります。

ウェコでのお問合わせは全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。