挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ
ヘアメイク&プロデュースSo-magic 主宰 ヘアメイクマイスターそうま すずよ
そうま すずよさんのお客様のリアルレポート

挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ

「結婚した友人に何かお祝いをしてあげたい」というご相談から始まったお話

プロ向けのヘアセット講習を開催している時に、生徒さんから「友達が結婚したんです!親族だけで挙式と会食はしたそうですが、友人たちとお祝いでパーティを開きたいって思っていて・・・」と相談された事が始まりでした。

もともとはご友人たちが「花嫁さんのドレス姿が見たい」と盛り上がったのが事の発端。

その中で私の生徒さんが「先生のよく行くAngelica(アンジェリカ)ってレストランでパーティとか出来ないんですか?」と聞いてきたので、30名弱なら可能という話をすると、

「サプライズで、何も言わずに新郎・新婦を連れて行って、向こうについたらドレスがバーン!と飾ってあったら驚くかなと思って!」と言いはじめました。

「すごいね!それはお友達も嬉しいかもね!」と答えた後に、

ふと「お友達の花嫁さんはまったく秘密のサプライズの方が喜ぶのかな?

それとも自分で選んだドレスが着たいっていうタイプ?

お友達同士で花嫁さんの性格を考えてみたらどうかしら?どっちが喜びそう?」と提案してみました。

数日後「たぶん彼女は自分でドレスを選びたいっていうタイプだと思う」と打ち明けてきました。

そこで、「お友達みんなでお祝いするという事を前面に出して、

会費制のパーティをするって誘ったらどう?」とアドバイス。

後日、新郎新婦のお二人と私の生徒さんで顔合わせをし、ドレス選びのスケジュール調整をしてから選びに行くと、やはり花嫁さんは「挙式で白を着たから、次に着るならカラードレスがいい」と悩みに悩んだ末にピンクを選びました。

当日は、女子はドレスアップして、男子もスーツでおめかし。

招待状も出して「披露宴ほど堅苦しくなく、2次会ほど砕け過ぎないパーティ」というコンセプトを明記しておきました。

挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ

花嫁さん手作りのウエルカムボードは結婚式の写真をかざって。

挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ

オーダーしていただいたネイルチップ。

挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ

控え室での一枚。

時間になり、お二人が入場すると全員でクラッカーを鳴らしてお出迎え!

シャンパンで乾杯が始まり、ケーキ入刀へと続いた後は、お料理が次々と運ばれてきて、皆さん「美味しい〜!」と大感激。

挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ

入場するとお友達からクラッカーが!

挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ

乾杯。

挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ

ケーキ入刀はやっぱり盛り上がります。

お食事が落ち着いた頃にはそれぞれが自由に席を動いて、あちこちのお友達と新郎新婦が会話しています。

にぎやかでとっても楽しそうな笑顔があふれています。

挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ

ドレスのイメージに合わせてフワフワと華やかに。

挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ

お友達の席に移動して、ネイルをお披露目。

花嫁さんがどうしてもやりたかったブーケプルズの時には独身女子がキャーキャー言いながら集まってきて、

たくさんのリボンの中から一本だけブーケにつながっているのを引いたお友達は、真っ赤な顔をして照れていました。

挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ

ブーケプルズでテンションMAX!

挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ

花嫁さんがこんな間近にいるのも少人数ならでは。

挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ

お見送りにはプチギフトを皆様に。

挙式とは別日程の友人主催の会費制パーティ

最後は企画してくれたお友達と。

これといった余興は特に設けず、司会もありません。

でも30名ほどの少人数で、お食事が美味しいレストランで、花嫁が美しく変身していると、自然と皆さんの会話があふれて、にぎやかな楽しいパーティになるんです。

これが、So-magicの提案する「食事と会話を楽しむ少人数ウェディング」なのです。

大きな会場でなくても、参列者が20名くらいでも、会場の選び方さえ間違わなければ、とっても素敵な結婚式になります。

新郎・新婦との会話の中から、お二人だけでは気づかない、いろんなアイデアを考えます。

私にお二人の事をいろいろと聞かせてください。

So-magicは、どこにも無い、お二人だけの素敵な結婚式になるようにお手伝い致します。

お二人から そうま すずよ さんへのメッセージ

すでにホテルで結婚式を挙げていたので、まさかもう一度ドレスを着られるとは思ってもいませんでした。 あとから友人に、相馬さんがいろいろとアドバイスをくれたと聞きました。 おかげで、自分の着たいドレスを選べて本当に嬉しかったです。 しかも、ドレスに合わせてネイルチップもオーダーさせていただき、とってもいい思い出になりました。 ヘアもメイクもホテルでした時とはぜんぜん違って「これが私なの?!」と思わず驚くほどでした。 挙式の時より、パーティの時のヘアメイクのほうが気に入っています。 もっと早くに相馬さんを知っていれば、挙式の時もお願い出来たのにな・・・とも思います。 おかげさまで友人たちととっても楽しいパーティを過ごすことができました。 本当にありがとうございました! 松下 智・典子

このお客様のコーディネーター そうま すずよ プロフィール

ヘアメイク&プロデュースSo-magic 主宰 ヘアメイクマイスターそうま すずよ
ヘアメイク&プロデュースSo-magic 主宰 ヘアメイクマイスター

そうま すずよ

1973年千葉県生まれ。 山野美容専門学校在学中に並行して通ったメイクスクールで変身の面白さを体感。 美容室でのインターンを経て20歳の時に飯田橋のホテルで婚礼美容師として勤務。5年間のアシスタント時代に参列者のセットや着付、エステやネイルも学ぶ。 いったん一般の美容室に勤務するもヘアセットとメイクの魅力が忘れられず、舞浜シェラトンへ転職。 年間2700件の激務の中で様々な業務をこなし経験を積む。この約2年間で1000人近い花嫁のお支度を担当。その後、浦安ブライトンへ転職し、ゆったりとお客様に向き合う接客の中で忘れかけていた本来の役目に気づく。 30歳を機にホテルを退職し、フリーに転身。ヘアメイク事務所や夜のセットの仕事をしながら、レストラン、ゲストハウスなどへ出張し他のヘアメイクと関わるうちに、技術的に未熟でも花嫁の担当をするという事実に直面。同時にウェディング業界の悪しき習慣を知り、花嫁がヘアメイクに納得しないまま当日を迎えていることを実感。 その頃から知人の依頼を受けて不定期にヘアセットスクールを開催すると、瞬く間に人気のスクールとなり、関東以外からでも生徒が通うように。 同時にフリーランスがゆえ会場側の「持ちこみ禁止」に阻まれ、お客様がヘアメイク依頼をあきらめているということもあり、会場探しから関わるプロデュース事業もスタート。 ブライダルヘアメイクがウェディングプロデュースから関わり、当日のお支度まで担当するという一貫性のあるスタイルが新郎新婦にとって大きな安心感となり、絶大な信頼を頂くようになる。 そのため依頼の9割がご紹介という結果に。 さらに挙式後もヘアセットや着付などのリピートが起きることも。 担当した数多くの花嫁様から「相馬マジック」と呼ばれたことが屋号「So-magic」の由来。

このお客様のリアルレポートへのお問い合わせはこちらより。 そうま すずよへのお問い合わせになります。

ウェコでのお問合わせは全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。