「最悪の条件下でも、最高のパフォーマンスを」
株式会社ギリフォトワークス 代表取締役 ウエディングフォトグラファー片桐 裕二

片桐 裕二

株式会社ギリフォトワークス 代表取締役 ウエディングフォトグラファー

「最悪の条件下でも、最高のパフォーマンスを」
スポンサーリンク

使用するレンズは全て単焦点レンズ。機能性とかもあるけれど、人と人との距離をしっかり感じていたい、それが本当の理由。

「コミュニケーションを取るのは大の得意ですが、写真に対してあれこれ説明するのはあまり好きではないです。『そのまま』を感じて欲しいと願ってます。カッコいい写真はきっと僕以外の誰かが撮ってくれるから、僕はカッコよくない人間的な写真を撮りたいです。」

写真好きの他界した祖父に、「上手くなってから・・・」と自分の写真を見せられなかったこと・・・それをいまだに後悔している。だから飾らない、素直な写真をこれからも撮り続けたいと思う。

片桐 裕二 プロフィール

株式会社ギリフォトワークス 代表取締役 ウエディングフォトグラファー片桐 裕二
株式会社ギリフォトワークス 代表取締役 ウエディングフォトグラファー

片桐 裕二

東京(新宿・渋谷・池袋・六本木等)で8年間、写真とは無関係の飲食業でマネージャー職を勤め、接客や人間とのコミュニケーションの図り方を徹底的に学ぶ。 2005年に退職し、茨城に帰郷。創業120年の老舗(株)小貫写真館に入社。以前から興味があった撮影職に就く。 アシスタントを経て2007年にJWPG(ジャパン・ウェディングフォト・グランプリ)に初出展、3位入賞。2008年には準グランプリを受賞する。 2009年作品も10位入賞し、2010年にはグランプリと7位入賞のダブル受賞を果たす。 更に2011年にはアート部門グランプリ、ドキュメンタリー部門第3位と15位入賞のトリプル入賞を果たす。2012年はアート部門5位、ドキュメンタリー部門5位。前人未到の6年連続上位入賞中。 エンゲージメントフォトという、結婚前のカップル写真に強い拘りを持ち、全国の様々なロケーションや生活感を感じる二人に縁のあるスポットを使い、現在も「日常」をテーマに撮影し続けている。それを日本中に発信することに使命感を感じている。 2009年より、「Nippon Ninpu Nin」という“日本の妊婦”を題材とした作品撮りのための活動を開始。現在は中田しのぶ氏とNippon Ninpu Nin East & Westとして活動の幅を広げている。 2010年より、日本ウエディングフォトグラファーズ教会「Japan Wedding Photographers Association (JWPA)」に所属。2012年より理事に就任。 2011年より独立し、(株)ギリフォトワークスを設立。 ブライダルフォト・マタニティーフォトの他に、幻のフリーペーパー「茨城美少女図鑑」の撮影・プロジェクトに参加。地域貢献に務める。  2012年にハンドメイドウエディングショップ「CacheCacheカシュカシュ」をOPEN。

スポンサーリンク

ウェコ編集部へのお問い合わせ

このリアルレポートのお問合わせはウェコ編集部へのお問合わせになります。お問合わせはもちろん全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。