写真撮影で喜んで欲しい、笑顔になって欲しい、そんな気持ちで撮影してます。
藤井康詞写真事務所藤井 康詞

藤井 康詞

藤井康詞写真事務所

写真撮影で喜んで欲しい、笑顔になって欲しい、そんな気持ちで撮影してます。
スポンサーリンク

メーカー勤務時代に、カメラ好きなコトをアテにした友人の結婚式披露宴の撮影を引き受けているうちに、この業界に入ってきました。

当時はスナップ写真撮影は、今程盛んでは無かったのですが、写真集の様に加工したアルバムが流行り出した頃から、スナップ写真の勢い強い成長を見てきました。

撮影へのこだわりに加え、仕上げということでも、手焼き写真に出会い、現在でも対応可能な数少ないフォトグラファーの一人です。

手焼き写真は、今では珍しくなった、でも、まだまだ供給されているフイルムを使用して撮影し、暗室で一枚一枚、フォトグラファー自身が焼き付けるアルバムです。

一生の記念に、長い年月に裏付けられたフイルム&手焼き写真を、お勧めしています。デジタル撮影も、フイルムでの経験を生かした作品造りをしています。

撮影は、お二人の自然な笑顔を頂く事を目指しているので、過剰な演出はしません。カメラの前で笑ってね、といわれても緊張しますよね。

笑顔写真のコツは、ブログで公表しているので参考にして下さいね。

撮影時に気をつけている事は、お二人様も含め、ご両親、ご親族、ご友人との距離感を大切にしています。

ただ単に撮影するだけのカメラマンではありません。

結婚式披露宴にとけ込んで、要所要所で場を盛り上げたりします。

現場で、お友達とも仲良くなってしまう事もアリマス。

藤井 康詞 プロフィール

藤井康詞写真事務所藤井 康詞
藤井康詞写真事務所

藤井 康詞

1965年、兵庫県生まれ。中学生の頃から、カメラ&写真に親しむ。  メーカー勤務時代に、友人の結婚式披露宴を撮影しているうちに、この世界に飛び込んできました。 友達の喜んだ顔、友人の嫁さんが大喜びしている姿を伝え聞いて、決心してカメラマンになる。 ちょうど、運良く、スナップ写真&写真集の様なアルバムが流行り出した頃で、撮影スタジオのメインカメラマンとして、短期間に様々な現場に立てたことが、財産です。 当時のプレゼン用写真は全て友人でした。 手焼き写真に出会い、暗室設備を揃える。 手焼き写真の醸し出す、クラッシックな雰囲気が好きで、フイルムや印画紙が無くならない限り、継続してご提供します。 商品撮影、料理撮影、ポートレート撮影もしてます。 古いカメラが好きで、撮影した写真をブログやフェイスブックにアップしています。 ご覧頂ければ、嬉しいです。

スポンサーリンク

ウェコ編集部へのお問い合わせ

このリアルレポートのお問合わせはウェコ編集部へのお問合わせになります。お問合わせはもちろん全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。