こんなことができたら嬉しいな、素敵だなを形したい!これが私のモチベーションです
クリスチャンバウアー  販売促進企画部平澤 佳恵

平澤 佳恵

クリスチャンバウアー 販売促進企画部

こんなことができたら嬉しいな、素敵だなを形したい!
これが私のモチベーションです

クラシック音楽の世界からジュエリーの世界へ。
その大きなきっかけとなったのは、クリスチャンバウアーに受け継がれる伝統と歴史
そして「もの作りへの情熱」を感じたからです。

クラシック音楽は歴史と伝統なしに語ることはできません。
「結婚指輪」も歴史や伝統に触れることで、「モノ」としての指輪ではなく「意味」を持つ大切な指輪へと変化し、夫婦の絆として一生涯大切な指輪となります。

「結婚指輪」の意味を熟知したクリスチャンバウアー
そしてそこで日々指輪を作り続ける職人たちの想いをぜひこれから結婚する方々にお伝えし「本物の結婚指輪」を知っていただきたいと思います。

平澤 佳恵 プロフィール

クリスチャンバウアー  販売促進企画部平澤 佳恵
クリスチャンバウアー 販売促進企画部

平澤 佳恵

音楽に囲まれた家庭環境から音楽の道へ。 音楽大学を卒業後ドイツへ留学。ミュンヘン大学で研鑽を積み7年半のドイツ滞在を終え帰国。 クラシック専門レコード会社へ入社後、クラシック音楽家のプロデューサーとして10年間経験を積む。その後、音楽業界全体の不景気の影響から勤務先の運営状況が厳しくなり退社。その後「ドイツ」が縁となりクリスチャンバウアーと出会う。 結婚指輪の大切さ、結婚指輪の意味、そしてクリスチャンバウアーの魅力を伝えるべくPR活動中。

業務内容・料金

主にクリスチャンバウアー銀座本店、青山店にてご相談いただけます。
各店内では、沢山の結婚指輪、婚約指輪をご覧いただけるだけでなく、試着しながら結婚指輪の大切さについて、結婚指輪の選び方についてお話致します。

●結婚指輪:129,000円〜

平澤 佳恵 さんへのお問い合わせ

ウェコでのお問合わせは全て無料です。気になったお客様レポートを見て一度お問い合わせしてみましょう。

 メール お電話

下記の文字を入力してください。スパムメール等を避けるため、下記項目の入力をお願いしています。

平澤 佳恵 さんのお客様のリアルレポートです。
「いつも相手を側に感じられる、それが結婚指輪です」

「いつも相手を側に感じられる、それが結婚指輪です」

CHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)で、ウェディングリング(結婚指輪)を選ばれたお二人に、結婚指輪の購入から結婚式、結婚式後の夫婦としての結婚指輪の意味など、インタビューをいたしました。

結婚指輪について

Q: 結婚指輪をどこで購入するか、決めていましたか?
最初は特に決めていませんでした。

Q: 購入するこだわりはありましたか?(ブランド、石のクオリティ、デザインなど)
デザインや耐久性です。ずっと身につけるものなので特にデザインは重要視していました。

Q: 購入する時に、二人で相談しましたか?
CHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)のスタッフさんが、私たち共通の知人にいたこともあり、僕の一存で。
「いつも相手を側に感じられる、それが結婚指輪です」

Q: 決定しようと決めたポイントは?
CHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)の確かな技術と、結婚指輪としての意味をとても大事にしているので。

Q: 決めた瞬間のお気持ちは?
ホッとした気持ちと、改めて『結婚』の重さを実感しました。

Q: 結婚式で誓約された時に、指輪をつけて感じた事を教えてください。
重量感。いろんな意味での重みというか、これからちゃんとしなきゃなって改めて考えました。
「いつも相手を側に感じられる、それが結婚指輪です」

クリスチャンバウアーについて

Q: どちらでクリスチャンバウアーを知りましたか?
知人がCHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)に勤めていたので前から知っていました。

Q: クリスチャンバウアーの印象は?
シンプルながらも高級でお洒落という印象です。
「いつも相手を側に感じられる、それが結婚指輪です」

Q: アドバイスで参考になった事はありますか?
私は細めのデザインが好みだったんですが、太めのほうが身につけた時の見栄えが良いとアドバイスをいただきました。実際につけてみて納得。太さがあっても圧迫感などはありませんでした。

Q: 先輩カップルのふたりから、今後のカップルに指輪選びについてアドバイスはありますか?
結婚指輪は一生身につけるものなので、とことん納得のできるもの(素材やデザイン、耐久性など)を購入したほうがいいと思います。
「いつも相手を側に感じられる、それが結婚指輪です」

おふたりの挙式について

Q: おふたりの挙式でこだわりはありましたか?
チャペルの雰囲気。奥に滝が流れていて、荘厳な雰囲気だったので。

Q: 挙式の中で、印象に残っていることは? 
緊張していてあっという間に終わってしまったなという感じでした。

Q: 挙式を挙げないカップルも最近を増えてきていますが、おふたりはそのような傾向をどのように思いますか?
結婚式って、ケジメというか、新たなスタートとしての儀式だと思います。
人それぞれの考え方はあると思いますが、結婚式は時が経つとやって良かったなって思えるようになると思うので、可能であれば挙げたほうが良いと思います。
「いつも相手を側に感じられる、それが結婚指輪です」

Q: おふたりで過ごす毎日で、お互いの約束ごとはありますか?
お互いに感謝の気持ちを忘れないことです。

Q: 挙式前と挙式後では、おふたりの結婚生活に対して何かしらの気持ちの変化などはありましたか?
結婚してからそれぞれの両親との交流が増え、より一層両親に感謝するようになりました。

Q: 日々指輪を身につけていると思いますが、指輪を着けていることで何か思うこと、感じることはありますか?
いつどこにいても、相手を側に感じることができます。
「いつも相手を側に感じられる、それが結婚指輪です」