ウエディングコーディネーター齋京 信江

齋京 信江

ウエディングコーディネーター

「結婚するからウエディングコーディネーターを雇う」という、本来あるべき姿に気付くことができた新郎新婦の皆さん、ぜひ、プロの仕事に酔い痴れてください!
スポンサーリンク

結婚するふたりのために結婚式の準備・段取りをする仕事を、「婚礼執事(ブライダルバトラー)」と名付け、新郎新婦や両家から直接雇われてサポートするビジネスをはじめたのは20年前のことでした。

挙式・披露宴の当日のみだけではなく、結婚準備の期間中すべてにおいて新郎新婦に寄り添い、お二人やご両家のサポート&プロデュースをするスタイルは、当時としては画期的であったと思います。

結婚式の衣装を決めるために何ヵ所も衣装店を訪ね歩いたり、目白のお屋敷を見つけて結婚式の会場として利用できるようにし、初めて「ハウスウェディング」という言葉がブライダル雑誌に掲載されるなど、お客様のために日夜動き回っていた日々が昨日のように思い出されます。

今思えば、どこの企業とも契約しない「フリー」という立場でいた自由さが、お客様のためだけに仕事をすることができた理由でした。

当時のブライダル業界では、特定の会場と契約し、プランニングを請け負う仕事が「ウエディングプロデュース」と呼ばれ、我々のようなお客様から直接雇われ、サービスに対してのみお金を受け取るビジネスモデルが理解されていなかったことは言うまでもありません。

しかしながら歳月を経て、本来の「ウエディングコーディネーター」、「ウエディングプランナー」という仕事が、一般にも認知されてきたことは嬉しい限りです。

やっと「作業する人」ではなく「創る人」として、個人のプロフェッショナルにスポットがあたる時代になったのだと、感無量の思いです。

「結婚するからウエディングコーディネーターを雇う」という、本来あるべき姿に気付くことができた新郎新婦の皆さん、ぜひ、プロの仕事に酔い痴れてください!

そして、ウエディングコーディネーターとして活躍する皆さん、この恵まれた環境に感謝して、思う存分、仕事をしてください!

ブライダル業界を担っていくのは「人」であると、私は信じています。

齋京 信江 プロフィール

ウエディングコーディネーター齋京 信江
ウエディングコーディネーター

齋京 信江

ソニー株式会社での秘書業務の経験を活かして、20代でアメージング・グレース株式会社を設立。ブライダル業界に婚礼執事・「ブライダルバトラー」という業務を確立し、新郎新婦や両家から直接雇われウエディングサポートを行うスタイルの先駆けとなる。 古い洋館を利用しての挙式・披露宴がハウスウェディングと呼ばれる新たな婚礼スタイルになるなど、本来の欧米スタイルの婚礼を提案し実践した。 その後、婚礼の準備段取りだけでなく、冠婚葬祭の業務や、ブライダル専門学校講師、企業コンサルティング業務など活躍の幅を広げ、現在は、社団法人の理事長として、多種多様の業界のサポート業務を行っている。この業務が「新たな業種」として期待されている。

スポンサーリンク