クラリス ウエディングプランナー研究所所長 クラリス ウエディングプランナースクール校長伊藤 淳

伊藤 淳

クラリス ウエディングプランナー研究所所長 クラリス ウエディングプランナースクール校長

私は業界を上げて取り組むべき3つのポイント。

私がリクルート社を退職し、クラリスウエディングを立ち上げたきっかけは近い将来ウエディングプランナーという職業がもっとクローズアップされ、日本でも会場選びからだけではなくウエディングプランナーという“人”から選ぶというマーケットを構築したいという想いからでした。

しかしながら、チャペルや披露宴会場などハードが先行するウエディングマーケットの中で“人”というソフトが強化される機会が少なく、教育も十分に受けられていない中で、ウエディングプランナーとは名ばかりで現実は手配が中心の仕事になっていることが多いのが現状です。

おそらく、ウエディングプランナーを夢見て業界の門を叩いた人も理想と現実の壁を越えられず業界を去っていく人も多いことでしょう。

次代のウエディングの魅力を創造していくためには、やはりプロフェッショナルな要素を兼ね備えたウエディングプランナーの育成と、プロフェッショナルプランナーの地位の確立や安心して働ける環境整備の必要性が高いと思います。

その為に、私は業界を上げて取り組むべきポイントを3つ挙げたいと思います。

1つ目は、プロフェッショナルを認定する精度の高い教育と認定資格の検討。

2つ目は、そのプロをしっかりとマネジメントする優良プロダクション組織の確立。

そして3つ目は、業界全体でこの仕組みを受け入れていく会場側の体制作り。

以上の課題を業界全体で取り組み、日本においてもウエディングプランナーという職業が本来の意味の憧れの職業になるよう育てていかなくてはいけないと思っています。

子育てしながら活躍するママさんプランナーや、経営者顔負けの収入を得るプランナーが日本でも誕生するよう、私も応援していきたいと思っています。

そして日本で確立したウエディングプランナーモデルをアジアにも普及させていきたいと思っています。

伊藤 淳 プロフィール

クラリス ウエディングプランナー研究所所長 クラリス ウエディングプランナースクール校長伊藤 淳
クラリス ウエディングプランナー研究所所長 クラリス ウエディングプランナースクール校長

伊藤 淳