株式会社ハセガワエスティ ハセガワグループ 会長長谷川 卓史

長谷川 卓史

株式会社ハセガワエスティ ハセガワグループ 会長

本当に「待ってました!フリーウエディングプランナー!」・・・この言葉がぴったりの心境です。

お江戸きっての人気役者といえば市川団十郎。

十八番(おはこ)の助六が花道を登場すると、「成田屋っ!」「待ってました!」と、大向こうのあちらこちらから声が掛かります。

本当に「待ってました!フリーウエディングプランナー!」・・・この言葉がぴったりの心境です。

私が結婚式の司会を始めた20数年前には、ウエディングプランナーもプロデューサーも、少なくとも私の周りにはいませんでした。

その当時、多くのホテルや専門式場で披露宴の司会をさせて頂いておりましたが、結婚披露宴と言えば媒酌人がいて当然であり、定番と呼ばれる演出を交えた型どおりの進行が当たり前と思われていた時代です。

それから数年経つとレストランウエディングが登場。“オリジナルウエディング”というカテゴリーが生まれ、この「weco/ウエディングコーディネーター名鑑」の監修者である、安部トシ子さんの本や飯田美代子さんの雑誌を貪るように読みまくったのを覚えています。

まさに、披露宴というよりパーティという呼び名が相応しい、お洒落でキュートで一つひとつが新郎新婦のこだわりを実現できる時代が到来。と同時にウエディングプランナーという存在も注目され始めます。

私もその頃からプランナーの皆様とお仕事をご一緒するようになりました。

プランナーを中心に各アイテムのスタッフがよりお二人の思いを形にするべく智恵を絞り工夫をし、ある時は新しい発想のもとで各セクションが新たな挑戦をすることもしばしばありました。

ウエディングプランナーは、いい意味で常にハードルを高くしてくれる存在です。

司会者として新しい“喋り”を生み出す事にも繋がっていきます。

その頃、私が出逢った湘南のレストランのTさんとNさんは名プロデューサーで、多くの影響を受けました。

以降、ゲストハウスは勿論のこと、ホテルでもたくさんのプランナーの方々とお仕事をさせて頂いていますが、いつも高いハードルをくださり、司会者として進化させていただいていることに感謝しています。

そして今、多くの経験と実力を積んだプランナーが満を持してフリーウエディングプランナーとして登場!

一人でも多くのお客様が「日本一!」「世界一!」と声を掛けてくださる千両役者、スターになって貰いたいと願っております。

それと、今まで以上の高いハードルを司会者にくださいますよう、お待ちしています!

長谷川 卓史 プロフィール

株式会社ハセガワエスティ ハセガワグループ 会長長谷川 卓史
株式会社ハセガワエスティ ハセガワグループ 会長

長谷川 卓史

1963年千葉県千葉市生まれ。第一種大型店総合家具販売会社の三代目として育ち、中央大学商学部で経済を学び、経営者の道を歩み始める。30歳の頃、商売の方向性として、商品を在庫して売る商品販売から、ノウハウやサービスを売るマンパワーを中心とする商売に切り替えるべきと判断し、当日関わっていたブライダル事業に注力するようになる。 大学時代に習得したアナウンス技術を生かし、婚礼司会者の道を極めるべく、プロダクションに所属し、経験と実績を積み、2000年に株式会社ハセガワエスティとしてブライダル専門会社を設立。司会部門、音響部門、映像部門を生み出すことに成功。現在司会部門は、年間1万7000組を超える件数を受注。国内最大手に成長した。 現、株式会社ハセガワエスティおよび、株式会社エスティビジョン、株式会社エスティ フィロソフィ、株式会社オフクをグループ企業とするハセガワグループ会長。 http://www.hasegawa-st.com/